グラフ

【エクセル】作成したグラフの種類を変更して見やすくしよう

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
資料にグラフを挿入したんだけど、なんだかイメージが違うんだよね。さっとグラフの種類を変えることってできないかな?
エクセル初心者
エクセル初心者
イメージに合わないグラフだったときは、削除してました。選択範囲とか取り直さずに済むなら便利だなぁ~。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
せっかくのグラフが、資料と合っていない場合は、グラフの種類を変更してみよう!簡単に、ほかのグラフへ変更できるので、いちいち削除しなくて大丈夫だよ!

グラフは、パンフレットや報告書などさまざまな資料に挿入することで、データを見やすく、わかりやすくできます。

挿入したグラフがイメージするものと違った場合には、グラフの種類を変えてみましょう。

グラフは、用途によって種類も豊富にあり、選べるので大変便利です。

グラフ種類変更ステップ

①挿入したグラフを選択する。
②グラフのデザインから『グラフの種類の変更』を選択する。
③イメージに合うグラフを選択しOKを押す。

以上の3ステップで、最初に挿入したグラフを『種類の変更』ができます。

変更する前に色を変えたりしていた場合、その色は引き継がれないこともあるので注意してくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルで作成したグラフの種類を変更する方法

グラフの挿入グラフの挿入

↑月別フルーツ売上表のデータを縦棒グラフで挿入しました。

この一度挿入している『縦棒グラフ』を『横棒グラフ』に変更します。

グラフの種類の変更グラフの種類の変更

↑グラフを選択し『グラフのデザイン』から『グラフの種類の変更』を開いてみましょう。

グラフの種類の変更ダイアログボックスグラフの種類の変更ダイアログボックス

↑『グラフの種類の変更』ダイアログボックスが表示されました。

横棒グラフ横棒グラフ

↑横棒グラフを選択し、OKを押します。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
プレビュー画面にカーソルを合わせると、大きく表示されたプレビュー画面を確認できるよ!縦軸・横軸のデータの入れ替えられて用意されているので、必要な方を選択しよう!
縦棒グラフから横棒グラフに変更縦棒グラフから横棒グラフに変更

↑縦棒グラフで挿入していたグラフが、横棒グラフに変更することができました。



【すべてのグラフ】から変更

すべてのグラフすべてのグラフ

↑『グラフの種類の変更』ダイアログボックスを開くと『すべてのグラフ』タブが選択されています。

この『すべてのグラフ』は、変更できるすべてのグラフが表示されています。

ここから、必要なグラフに変更することができます。

テンプレートグラフの書式などを保存しテンプレートとして使える
縦棒棒の高さでデータを比較しやすくする
折れ線データの変化を時間経過で表示する
割合を円で表示する
横棒棒の長さでデータを比較しやすくする
折れ線グラフのように時間の経過でデータを色付きで表示する
散布図データを点で描き入れたグラフ
マップ【Excel2019の新しいグラフ】2Dの地図で地域差を比較する
株価高値・安値・終値などの株価チャートを表示する
等高線山や谷のようにデータを表示する3-D等高線などがある
レーダー複数の項目を比較するグラフ
ツリーマップ四角形の面積の違いでデータの比率を表現する
サンバーストデータの階層構造を表示する
ヒストグラムデータの度数分布を表示する
箱ひげ図箱とひげでデータの分布を表示する
ウォーターフォール滝グラフとも言われ、増減の表示をする
じょうご【Excel2019の新しいグラフ】パワポ向きのグラフで数値を視覚化する
組み合わせ複数のグラフを自由に組み合わせて表示する



【おすすめのグラフ】から変更

『グラフの種類の変更』ダイアログボックスを開くと『すべてのグラフ』タブが選択されていましたね。

おすすめグラフおすすめグラフ

↑左のタブに『おすすめグラフ』というのがあります。

こちらは、エクセルがデータに合うグラフをおすすめしてくれています。

エクセルのおすすめグラフエクセルのおすすめグラフ

↑グラフの種類が豊富なので、何を選んだらよいか迷った場合にも、とても便利な機能です。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
データ内容によって、おすすめグラフも変わるよ!



さまざまな変更できるグラフの種類

どのようなグラフに変更できるのか?

どのようなグラフが用意されているのか?

同じデータでもグラフによって『見え方・見せ方』の全く異なるグラフなども用意されています。

さまざまなグラフを挿入したり、または、プレビュー画面で確認すると、いろいろな発見があるかもしれません。

グラフは分かりやすく、見やすいものを作成することが重要です。

そのためには、『元データを挿入するグラフで、一番適しているグラフは?』と考えることは、とても大事ですね。

これからも、見やすくわかりやすいグラフ作成を心がけましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。