グラフ

【エクセル】グラフに新しくデータを追加したい!グラフ作成後でも大丈夫⁈

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルでグラフを作成したんだけど、よく見てみたらデータが足りなくて。また初めから作り直すの面倒だな。既存のグラフにそのままデータの追加はできないのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
心配しなくても大丈夫!!エクセルでは、既存のグラフに対して、データの追加や削除、編集が簡単にできるよ。これから手順を一緒に見ていきましょう!

今回は、エクセルで作成したグラフに、データを追加する方法について解説します。
エクセルでグラフ作成後、データを追加したい、ということはよくあることだと思います。

データを追加するたびにグラフを作り直すのは、大変で面倒な作業ですよね。
エクセルでは、作成済みのグラフを編集して、必要な値のデータを簡単に追加することができます。

エクセルで作成したグラフにデータを追加するには、下記の方法で設定することができます。

グラフにデータを追加する方法
  • マウスで範囲を広げてデータを追加する方法
  • データソースから追加する方法
  • コピー&貼り付けから追加する方法

次項より、データソースから追加する方法について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

今回のグラフデータの追加は『グラフ操作のレベルアップ』におすすめです。

ほかにもグラフ初心者からレベルアップができるグラフ操作13個を紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできるエクセルのグラフの作り方を解説します。今回は、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの作成方法です。また、グラフを挿入したいけど何のグラフを挿入したらいいか迷ったときに使える『おすすめグラフ』もお伝えします。データを選択し、そのデータに合ったグラフをエクセルがお勧めしてくれます。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

【エクセルのグラフ】マウスで範囲を広げてデータを追加する方法

それでは、下記の売上一覧を使って解説していきます。

売上一覧売上一覧

↑まず、売上一覧のA列にある表の項目のことを、[系列]と呼びます。
既存グラフの[系列]は、りんごのみとなっています。これに、パイナップルとぶどうを追加していきましょう。

グラフデータの表示グラフデータの表示

↑グラフにポインターを合わせ下記を確認します。

  1. 『グラフエリア』と表示されたら、クリックしグラフを選択
  2. 売上一覧の[系列]りんごの1月から12月のグラフデータが青い線で囲まれる
売上一覧の①から②までドラッグ売上一覧の①から②までドラッグ

↑グラフデータの確認ができたら、下記の設定をしましょう。

  1. セルM3の四隅にポインターを合わせる
  2. ポインターが矢印マークに変わったらセルM5までドラッグする
[系列]パイナップルまでドラッグした状態[系列]パイナップルまでドラッグした状態

↑セルB3からセルM5までドラッグをすると売上一覧の[系列]りんご、パイナップル、ぶどうの1月から12月のグラフデータが青い線で囲まれました。

グラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加されたグラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加された

↑[系列]パイナップルとぶどうの1月から12月までのデータがグラフに追加されましたね。

このように既存グラフを選択し、マウスで範囲を広げるだけで、任意のデータがグラフに追加されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
範囲を広げるだけでデータを追加できるということは、逆に範囲を狭めるとデータを削除できるということにもなるよ!

エクセルで作成したグラフへのデータ追加は、手間が掛からないということが理解できましたね。

マウス操作に慣れるまでは、選択範囲を色々と試して、グラフがどのように変化するのかを確認してみるのもいいですね。

次項では、データソースから追加する方法について解説します。



【エクセルのグラフ】データソースから追加する方法

データソースから追加するには、[データソースの選択]ダイアログボックスより設定します。

下記のどちらかの方法で[データソースの選択]ダイアログボックスを表示してみましょう。

[グラフのデザイン]より表示する方法[グラフのデザイン]より表示する方法

↑『グラフエリア』を選択し、下記の順に設定しましょう。

  1. [グラフのデザイン]を選択
  2. [データの選択]を選択
『グラフエリア』の上で右クリックより表示する方法『グラフエリア』の上で右クリックより表示する方法

↑または、『グラフエリア』の上で右クリックし[データの選択]を選択します。

[データソースの選択]ダイアログボックス[データソースの選択]ダイアログボックス

↑[データソースの選択]ダイアログボックスが表示されたら、下記の順に設定します。

  1. [データソースの選択]ダイアログボックス
  2. [凡例項目]
  3. [追加]を選択
[系列の編集]ダイアログボックス[系列の編集]ダイアログボックス

↑[系列の編集]ダイアログボックスより、下記の順に設定します。

  1. [系列の編集]ダイアログボックス
  2. [系列名]には、売上一覧のセルA4を選択
  3. [系列値]には、既に入力されている『={1}』を削除し、売上一覧のセルB4からセルM4を選択
  4. [OK]を選択

※参照したセルの表示は絶対参照『$B$4:$M$4』になりますが、問題ありません。

[データソースの選択]ダイアログボックス[データソースの選択]ダイアログボックス

↑[データソースの選択]ダイアログボックスにて、[系列の編集]ダイアログボックスより追加したグラフデータを確認します。

  1. [データソースの選択]ダイアログボックス
  2. [凡例項目]
  3. りんご、パイナップが表示され、それらにチェックが入っていることを確認
  4. [OK]を選択



グラフに[系列]パイナップルが追加されたグラフに[系列]パイナップルが追加された

↑グラフに[系列]パイナップルがオレンジ色の折れ線で追加表示されましたね。

エクセル初心者
エクセル初心者
んー、グラフに追加したい[系列]が10個あるとしたら、この作業を10回繰り返すってことだよね?そう考えるとこの作業は何だか面倒な気がするけど。。。。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
心配しないで!データソースを使って複数の[系列]を追加する方法をこれから解説するよ!

それでは、複数の[系列]を追加する方法を解説します。今回はマンゴー以外の他全てを追加してみます。

[データソースの選択]ダイアログボックス[データソースの選択]ダイアログボックス

↑[データソースの選択]ダイアログボックスを表示させましょう。

[データソースの選択]ダイアログボックスより設定[データソースの選択]ダイアログボックスより設定

↑[データソースの選択]ダイアログボックスより下記の順に設定します。

  1. [データソースの選択]ダイアログボックス
  2. [グラフデータの範囲]に入力されている値を削除し、売上一覧のセルA2からM8を選択
  3. [凡例項目]
  4. りんご、パイナップル、ぶどう、なし、マンゴー、キウイフルーツにチェックが入っていることを確認し、マンゴーのチェックを外す
  5. [OK]を選択
グラフに[系列]マンゴー以外が追加されたグラフに[系列]マンゴー以外が追加された

↑折れ線グラフに[系列]マンゴー以外が追加されましたね。

このようにエクセルのグラフにデータを追加する場合、データソースを使うと、[系列]の個数や順番を気にすることなく作業を進めることができます。

次項では、コピー&貼り付けから追加する方法について解説します。



【エクセルのグラフ】コピー&貼り付けから追加する方法

エクセルのコピー&貼り付けでも、グラフにデータを追加することができます。

既存グラフに[系列]パイナップルとぶどうを追加してみましょう。

セルの選択[タッチ]-[コピー]を選択セルの選択[タッチ]-[コピー]を選択

↑[タッチ]タブから追加できます。下記の順に設定しましょう。

  1. 売上一覧のセルA4からM5を選択
  2. [タッチ]を選択
  3. [コピー]を選択
『グラフエリア』-[タッチ]-[貼り付け]を選択『グラフエリア』-[タッチ]-[貼り付け]を選択

↑『グラフエリア』を選択し、下記の順に設定します。

  1. [タッチ]を選択
  2. [貼り付け]を選択
グラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加されたグラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加された

↑[系列]パイナップルとぶどうが、オレンジ色とグレー色の折れ線で表示されグラフに追加されました。

この方法は、ショートカットキーを使っても同じ結果になります。
こちらも、確認してみましょう。

ショートカットキーCtrl+CでグラフデータをコピーショートカットキーCtrl+Cでグラフデータをコピー

↑売上一覧のセルA4からM5を選択し、ショートカットキーCtrl+Cを押します。

ショートカットキーCtrl+Vでグラフに追加データを貼り付けショートカットキーCtrl+Vでグラフに追加データを貼り付け

↑『グラフエリア』を選択し、ショートカットキーCtrl+Vを押します。

グラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加されたグラフに[系列]パイナップルとぶどうが追加された

↑[系列]パイナップルとぶどうが、オレンジ色とグレー色の折れ線で表示されグラフに追加されましたね。

このように、コピー&貼り付けでも、グラフにデータを追加できることが確認出来ました。覚えておくととても便利ですね。



データの追加はグラフ作成後でも作り直さなくてOK

エクセルでグラフ作成後のデータ追加は、とても簡単にできました。
作成後のグラフを見直し、データを追加したいときや、系列の選択範囲を修正したい場合は、最初からグラフを作り直す必要がなくなりますね。

エクセルで作成したグラフに新しくデータを追加する方法のまとめ
  • 表のグラフデータの選択範囲をマウスで調整して追加できる
  • エクセルのグラフ[データソースの選択]ダイアログボックスから[系列]データを追加できる
  • 追加したい[系列]データをコピー&貼り付けで直接グラフに追加できる

エクセルで作成したグラフへのデータ追加は、グラフの作成後に改めてグラフを作り直す必要はないですね。

最初から予定通りのグラフを作成できれば問題ないのですが、ちょっと気になって修正を重ねてしまうことは多々あります。

修正の方法次第では、時間を無駄に使ってしまうことがありますので、グラフの出来具合を見て、どの方法が1番適切なのかを判断して作業を進めましょう。

エクセルで作成したグラフにデータの追加が発生したら、ぜひ参考にしてください。

ほかにもグラフ初心者からレベルアップができるグラフ操作13個を紹介した記事があるのでチェックしてみてください。

タイトル
【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできるエクセルのグラフの作り方を解説します。今回は、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの作成方法です。また、グラフを挿入したいけど何のグラフを挿入したらいいか迷ったときに使える『おすすめグラフ』もお伝えします。データを選択し、そのデータに合ったグラフをエクセルがお勧めしてくれます。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。