グラフ

【エクセルグラフ】0のデータをグラフに表示しない方法

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
折れ線グラフを作成したら、元データの値『0』が目立ってしまって困ってます。データの『0』をグラフに表示しない方法があればいいなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
元データに未来の値を入れる場合などは『0』で表示することがあるね!その『0』もグラフに反映されると、ちょっとややこしくなっちゃうね!
そんな時は、グラフに『0』を表示しない方法があるから解説するよ!

『0』が表示されたグラフと、『0』を表示しないグラフを見比べてみましょう。

複合グラフ複合グラフ

↑りんごの年間の『売上金額』と『目標売上金額』を棒グラフと折れ線グラフの組み合わせで表示しています。

❶は、まだ7月以降の金額は出ていないので『0』になっています。

❷は、『0』のデータはグラフに表示しないようにしています。

❷のグラフのように『0を表示しないグラフ』の作成を本文で解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルのグラフに『0』を表示しないとは?

先述したように、元データの値に『0』があると、グラフにも『0』で表示されます。

『0』で表示しなければならない場もありますが、今回は『グラフに0を表示しない』方法を解説します。

りんごの年間の売上表りんごの年間の売上表

↑ここで使う元データは『りんごの年間の売上に関して』の表になります。

売上個数×単価売上個数×単価

↑4行目は、月々の売り上げた個数を入力すると、売上金額が計算されるように数式が入っています。

B4には数式『=B3*$M$1』が入っています。

なので、未来月の売上金額は『0』と表示されています。



『0』を表示したグラフ

『0』を表示している『0』を表示している

↑『0』を表示したグラフです。

目標売上金額だけが、とても目立っています。

未来の売上個数は入力できないので、このようになります。

『0』を空白にして表示しないグラフ

『0』を削除する『0』を削除する

↑元データの数式を削除します。

売上個数が確定してから、売上金額を入力するなら『0』は表示されません。

空白セルは反映しない空白セルは反映しない

↑折れ線グラフにも、確定している6月分までが表示されています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
空白セルはグラフに反映しないんだね!



『#N/A』も空白のセルとして表示できる

『数式を消さずに、グラフに0も表示しない』方法を解説します。

グラフは『#N/A』を空白セルと認識します。

元データの『0』を『#N/A』に表示してみましょう。

『#N/A 』を表示したグラフ

元データの数式を変更します。

7月分のH4で説明します。

グラフに『0』が表示される
元の数式元の数式
『=H3*$M$1』意味:売上個数×単価を計算し表示する
『#N/A』の計算を入れるとグラフに『0』が表示されない
IF関数IF関数
『=IF(H3=””,NA(),H3*$M$1)』意味:もし売上個数が空白なら、#N/Aと表示し、そうでなければ売上個数×単価を計算し表示する

7月から12月までを上記のIF関数を使い、データに入力します。

『#N/A』の表示『#N/A』の表示

↑売上個数が空白セルの場合、売上金額が『#N/A』になりました。

『#N/A』は表示されない『#N/A』は表示されない

↑折れ線グラフは、6月までのデータを反映しています。

計算式を消すことなく、そしてグラフに『0』を表示しないことができました。



最後に・・・

IF関数を使って、『#N/A』ではなく『空白セル』に表示するように数式を入れたらどうなるでしょうか。

違うIF関数違うIF関数
『=IF(H3*$M$1=0,””,H3*$M$1)』意味:もし売上金額が『0』なら『空白』に表示し、そうでなければ売上個数×単価を計算し表示する
Dr.オフィス
Dr.オフィス
もし『0』なら空白にする。それ以外は計算する。のIF関数を入れても折れ線グラフは『0』を表示しているよ!

グラフに『0』を表示しないには、

  • 元データの『0』を消す
  • 『0』が表示されるセルに『#N/A』が表示される数式を入力する

などがありました。

『グラフに0を表示しない』方法を活用してみてくださいね。

IF関数についてはこちら≫エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!も参考にしてみてください。

タイトル
エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説します。不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。