入力済みのセルまで選択する「Ctrl+Shift+矢印キー」

1 min 787 views

エクセルで入力しているセルの見えない範囲までの範囲を選択する場合に、いっぺんに選択することのできるショートカットキーを紹介します。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+矢印キー】になります。

矢印の方向に向かって入力済みのセルの範囲を選択できます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+矢印キーコントロール + シフト + 矢印キー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

入力済みのセルまでいっぺんに選択するショートカットキーの手順

セルを選択
セルを選択

↑『ふ』のセルを選択します。

ショートカットキー【Ctrl+Shift+矢印キー】を使い、矢印の向きの入力済みセルを全て選択しましょう。

コントロールとシフトの場所
コントロールとシフトの場所

↑【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトと矢印キーの場所
コントロールとシフトと矢印キーの場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【矢印キー】を押します。

今回は『→(右矢印キー)』を押しましょう。

【Ctrl】と【Shift】と【→(右矢印キー)】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【→(右矢印キー)】の順番で押しましょう。

入力済みセルまでの範囲選択完了
入力済みセルまでの範囲選択完了

↑『う』のセルまでの範囲がいっぺんに選択できました。

矢印キーの向きを変えると、その方向に選択範囲をとることができるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事