グラフ

エクセルの折れ線グラフの領域を塗りつぶして見やすくする方法を解説!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
折れ線グラフを目立たせるために色を付けて塗りつぶしたいんだけど、どうしたらいいかなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
私も、折れ線グラフと色付きの領域を組み合わせて見やすいグラフを作成したいなぁ。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
折れ線グラフの領域は、簡単に塗りつぶすことができるよ!色を付けることで、折れ線グラフが格段と見やすくなったり、目立たせるようにできるよ!

折れ線グラフを挿入後、領域に塗りつぶしする方法を解説します。

グラフは、色が入ることで見やすさも変わってきます。

ひと工夫加えていつもの折れ線グラフより伝わりやすいものを作成しましょう。

折れ線グラフの塗りつぶし

①グラフにするデータを選択する
②折れ線グラフを挿入する
③折れ線グラフを選択し『グラフの種類の変更』を選択する
④『面』を選択しOKを押す

以上で、折れ線グラフを横軸までの領域を色の塗りつぶしができました。

塗りつぶした領域の色の変更や、折れ線グラフの追加など、さらに詳しくは本文で解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルのグラフを塗りつぶして見やすくする

折れ線グラフの領域を塗りつぶしてみましょう。

『りんごの売上表』を使い、折れ線グラフから横軸までの領域を塗りつぶします。

折れ線グラフの領域を塗りつぶしてみよう

りんごの売上表りんごの売上表

↑りんごの売上表から折れ線グラフに必要なデータ範囲を選択します。

A2:H3までを範囲に取りました。

折れ線グラフ挿入折れ線グラフ挿入

↑挿入ボタンより折れ線グラフを選択します。

折れ線グラフ折れ線グラフ

↑折れ線グラフが挿入できました。

この折れ線グラフの下部分(赤い斜線部分)を塗りつぶします。

グラフの種類の変更グラフの種類の変更

↑折れ線グラフを選択し、グラフのデザインの『グラフの種類の変更』をクリックしましょう。

ダイアログボックスダイアログボックス

↑グラフの種類の変更ダイアログボックスが表示されました。

面を選択面を選択

↑『面』を開き、面を選択しOKを押します。

塗りつぶし完了塗りつぶし完了

↑折れ線グラフの下部分の領域を塗りつぶすことができました。



領域の色の変更

塗りつぶした領域の色を変更してみましょう。

色の選択色の選択

↑グラフを選択し右クリックします。

『塗りつぶし』から色を選択します。

薄い青色薄い青色

↑薄い青色を選択しました。

色も簡単に変更できます。



領域を塗りつぶしたグラフと折れ線グラフ

薄い青色薄い青色

↑塗りつぶした領域の色が薄くなると、折れ線のラインが分かりづらくなります。

そこで、折れ線グラフを重ねて見やすくしてあげましょう。

グラフを最初のデータ範囲の選択から作成しますが、そのまえにひと手間加えます。

元データをコピペ元データをコピペ

↑元データを1行コピーし、下の行に貼り付けます。

ショートカットキーの『コピー』『ペースト』も参考にしてみてくださいね。

項目名変更項目名変更

↑元データを分かりやすいよう『売上個数』と『塗りつぶし』に変えました。

折れ線グラフ挿入折れ線グラフ挿入

↑A2:H4までの範囲を選択し、挿入タブより『折れ線グラフ』を選択しましょう。

1本しか見えない1本しか見えない

↑同じ数値なので、折れ線グラフが1本しか見えない状態になっています。

グラフの種類の変更グラフの種類の変更

↑折れ線グラフを選択し、グラフのデザインより『グラフの種類の変更』をクリックします。

折れ線から面に変更折れ線から面に変更

↑グラフの種類の変更ダイアログボックスが表示されました。

『塗りつぶし』の方を『折れ線』から『面』に変更し、OKを押します。

色の変更色の変更

↑塗りつぶしの方は色を薄い青色に変えてみました。

凡例の選択凡例の選択

↑凡例の『塗りつぶし』を2回クリックすると『塗りつぶし』が青丸で選択されます。

Deleteなどで削除しましょう。

折れ線グラフの領域を塗りつぶし折れ線グラフの領域を塗りつぶし

↑折れ線グラフとその領域の色の塗りつぶしが完了しました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
折れ線グラフをマーカー付き折れ線にすると、さらに見やすいかもね!



折れ線グラフの領域を塗りつぶすだけで見違える

折れ線グラフの領域を塗りつぶしたグラフは、いかがだったでしょうか。

いつもの折れ線グラフよりも、目立つようになっています。

ひと工夫加わるだけで、いつもの折れ線グラフとは見違えます。

データで相手に伝える際に、色を付けて分かりやすくすることも重要です。

折れ線グラフの領域を塗りつぶす方法を使ってみてくださいね。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。