【エクセルの円グラフ】見やすい!わかりやすい!を解説!

3 min 1,428 views
エクセル初心者

エクセル初心者

割合を知りたいので円グラフを作成したいんだけど、思うようにデータが反映されていないんだよね。元データの範囲の取り方が違うのかな。

エクセルの円グラフを作成するときは、元データの範囲を選択するときにポイントがあるよ!必要なデータだけを選択すること!詳しくは本文を見てみよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

円グラフを作成する際に、思うようにできない時は、元データの選択範囲を確認してみましょう。

不要なデータも範囲に取っている事があります。

円グラフ簡単ステップ
  1. 元データから必要な範囲を選択する。
  2. 挿入タブから円グラフを選択する。

以上の2ステップで、円グラフを作成することができます。

さらに色や切り出し、パーセンテージ表示など細かな設定ができます。

本文にて解説します。

円グラフは初心者の方が覚えるべきグラフの基本です。

ほかにも初心者の方向けにグラフの基礎を紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセル円グラフを作成しよう!

月別フルーツ売上表を使い、円グラフを作成してみましょう。

円グラフを作成する元データ
円グラフを作成する元データ

↑このようなデータがあります。

各フルーツと合計金額の円グラフを作成します。

必要な部分だけ選択
必要な部分だけ選択

↑データの選択は『フルーツ名』のあるA2:A5を選択します。

そして、Ctrlを押しながら『合計金額』のD2:D5を選択しましょう。

円グラフを選択
円グラフを選択

↑挿入タブから『円グラフ』の『2-D円』を選択します。

標準の円グラフ
標準の円グラフ

↑合計金額の円グラフが表示されました。

間違っている選択範囲
間違っている選択範囲

↑例えば間違えて元データを選択した場合は、どうなるでしょうか。

元データを全て選択した状態で円グラフを挿入します。

失敗円グラフ
失敗円グラフ

↑『りんご』だけの円グラフが表示されました。

そして、内容も『4月』『5月』『合計金額』が同じ円グラフで表示されています。

これでは意味合いが変わってきてしまいます。

円グラフのデータ選択は必要な場所だけを選択しましょう。

円グラフの色を変える

円グラフの作成ができたら、色を変えてみましょう。

要素の色を変える
要素の色を変える

↑りんごの要素を右クリックします。

塗りつぶし▼から赤色を選びます。

りんごの要素と、りんごの凡例が赤色になりました。

同じように、バナナを黄色、ぶどうを紫色にしましょう。

色の変更完了
色の変更完了

↑円グラフに自由な色を付けることができました。

円グラフをパーセンテージ表示

要素に『パーセンテージ』が表示されている円グラフは多いですね。

パーセンテージを表示することで、割合が強調しやすくなります。

パーセンテージを表示させてみましょう。

クイックレイアウト
クイックレイアウト

↑グラフを選択し、グラフツールデザインから『クイックレイアウト』を選択します。

レイアウト①~⑦までが用意されています。

それぞれにカーソルを合わせるとイメージプレビューを確認できます。

レイアウト1
レイアウト1

↑レイアウト①を選択しました。

レイアウト①は『グラフタイトル』と『値とパーセンテージのデータラベル』が表示されます。

必要としているレイアウトを見つけて、選択しましょう。

グラフ要素を追加
グラフ要素を追加

↑『フルーツ名とパーセンテージ』のデータラベルの場所を変更する場合は、『グラフ要素を追加』から選択しましょう。

データラベル
データラベル

↑データラベルを開きましょう。

  • なし
  • 中央
  • 内部外側
  • 外側
  • 自動調整
  • データ吹き出し

上記が表示されます。

こちらも、それぞれにカーソルを合わせるとイメージプレビューを確認できます。

ラベル位置を中央
ラベル位置を中央

↑値とデータラベルの位置は『中央』にしました。

データラベルの文字の大きさの変更

データラベルの文字も自由に変更できます。

文字を変更
文字を変更

↑データラベルを選択します。

ホームボタンの『フォント』から設定します。

フォントより変更
フォントより変更

↑文字の色・大きさ・太字・フォントを変えることができます。

データラベルの書式設定
データラベルの書式設定

↑データラベルを右クリックし、データラベルの書式設定を表示すると、さらに細かな設定が可能です。

円グラフの切り出しでさらに強調

円グラフで『りんご』を強調するために『要素の切り出し』を行います。

要素を選択
要素を選択

↑要素のりんごを選択し、クリックしましょう。

1回クリックすると、すべての要素が選択されています。

もう1度、りんごをクリックすると『りんごだけ』を選択できます。

データ要素の書式設定
データ要素の書式設定

↑右クリックし『データ要素の書式設定』を開きます。

切り出しパーセンテージ
切り出しパーセンテージ

↑右側に『データ要素の書式設定』が表示されました。

要素の切り出しを『15%』にします。

しっかりと、りんごが切り出されて強調されています。

書式設定から切り出しを行うと『パーセンテージ』をきっちり定めることができます。

ドラッグで移動
ドラッグで移動

↑そこまで細かくない場合なら、要素を選択しドラッグで移動することも可能です。

切り出し完了
切り出し完了

↑ドラッグで移動完了です。

使いやすいほうで試してみてくださいね。

円グラフは、エクセルで資料やパンフレットを作成する際に、使用頻度の高いグラフになります。

相手が見やすく、分かりやすい円グラフを作成し、円グラフをマスターしましょう。

円グラフは初心者の方が覚えるべきグラフの基本になります。

ほかにも初心者の方向けにグラフの基礎を紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事