グラフ

【スパークライン】エクセルの表データをセルに表示する小さなグラフ

エクセル初心者
エクセル初心者
先輩が作成したエクセルの表データに小さなグラフがセルに入ってたんだけど、あれって何だろう?
エクセル初心者
エクセル初心者
僕も見たことあるよ!セルに小さなグラフが挿入されていて、分かりやすよね!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
それは『スパークライン』という機能だよ!
セルに挿入した小さなグラフは、数値だけよりも可視化されて分かりやすよね。
スパークラインを挿入する方法を解説するね!

今回は、スパークラインについて解説します。

データを小さなグラフにして可視化することで、さらに分かりやすい資料作成ができます。

便利なスパークラインを使ってみましょう。

今回のスパークラインは『グラフ操作のレベルアップ』におすすめです。

ほかにもグラフ初心者からレベルアップができるグラフ操作13個を紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできるエクセルのグラフの作り方を解説します。今回は、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの作成方法です。また、グラフを挿入したいけど何のグラフを挿入したらいいか迷ったときに使える『おすすめグラフ』もお伝えします。データを選択し、そのデータに合ったグラフをエクセルがお勧めしてくれます。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

スパークラインとは何だろう?

とても便利な『スパークライン』ですが、どのような表示で、どのようなときに使われるのか見てみましょう。

スパークラインスパークライン

↑例えば、この表のN列に表示されているグラフが『スパークライン』になります。

フルーツの月別売上の金額を小さなグラフにしてセルの中で表示することができます。

数値のデータを『スパークライン』を挿入することで可視化され、よりデータを分かりやすく表現することができます。



スパークラインを挿入する表を用意する

まず、スパークラインを挿入する表を用意しましょう。

表の準備表の準備

↑今回は、フルーツの月別売上個数のデータにスパークラインを挿入しましょう。

スパークラインを挿入する場所は、データの作り方で変わってきます。

F列に作成F列に作成

↑このデータであれば『4月から7月』までのグラフを作成したいので、『F列』にスパークラインを挿入するセルを作成します。

7行目に作成7行目に作成

↑こちらのデータであれば、『7行目』にスパークラインを挿入するセルを準備すると良いでしょう。

データが縦向きでも、横向きでもスパークラインを挿入することができます。

今回は、横向きのデータを使います。



小さなグラフ『スパークライン』を作成しよう

フルーツ別売上個数のデータにスパークラインを挿入しましょう。

折れ線スパークライン折れ線スパークライン

↑F3からF5を選択し、挿入タブの『折れ線スパークライン』を選択します。

スパークラインダイアログボックススパークラインダイアログボックス

↑スパークラインの作成ダイアログボックスが表示されました。

スパークラインを配置する場所は、さきほど選択した範囲『F3:F5』が反映されています。

データ範囲を選択データ範囲を選択

↑データ範囲を選択しましょう。

『B3:E5』を選択しOKを押します。

スパークライン挿入完了スパークライン挿入完了

↑F列にスパークラインを挿入することができました。



スパークラインのスタイル変更

スパークラインタブスパークラインタブ

↑スパークラインの入ったセルを選択すると、『スパークラインタブ』が表示されます。

マーカーマーカー

↑表示のチェックボタンでマーカーを選択できます。

『頂点(山)』と『頂点(谷)』に☑チェックを入れてみましょう。

すると、スパークラインにマーカーが表示されました。

一番売上個数が高い月と、一番売上個数が低い月にマーカーが付いています。

スタイルの変更スタイルの変更

↑スタイルからも、スパークラインの色や、マーカーの色を変更することができます。



エクセルのスパークラインを削除する方法

最後に、スパークラインを削除する方法を解説します。

スパークラインタブスパークラインタブ

↑スパークラインが挿入されたセルを選択します。

スパークラインタブを表示しましょう。

スパークラインのクリアスパークラインのクリア

↑右側のクリアを押します。

選択したセルだけのスパークラインを削除するか、全部のスパークラインを削除するかを選択できます。

今回は、選択したグループのクリアを押します。

スパークラインの削除完了スパークラインの削除完了

↑スパークラインを削除することが簡単にできました。

スパークラインを挿入して、可視化されたデータを作成してみてはいかがでしょうか。

ほかにもグラフ初心者からレベルアップができるグラフ操作13個を紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできるエクセルのグラフの作り方を解説します。今回は、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの作成方法です。また、グラフを挿入したいけど何のグラフを挿入したらいいか迷ったときに使える『おすすめグラフ』もお伝えします。データを選択し、そのデータに合ったグラフをエクセルがお勧めしてくれます。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。