ショートカットキー

【エクセルのアクセスキーでショートカット】シートの削除「Alt→E→L」

タイトル

ショートカットキーにはない『シートの削除』をアクセスキーを使って操作しましょう。

シートの削除は【Alt→E→L】のキーボードを順番に打つだけです。

不要なシートはアクセスキー【Alt→E→L】で削除してみましょう。

◇記事内のアクセスキー◇

Alt→E→Lオルト → イー → エル

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

シートの削除をするアクセスキーの手順

アクセスキーとは、Altキーを押すと表示される画面の英数字を順番に押して操作していきます。

ショートカットキーのように『押しながら』では、ありません。

『順番に押していく操作』になります。

不要なシート不要なシート

↑不要なシートを開きます。

シートの移動はこちら≫【エクセルのショートカットキー】左右にシートの移動をする「Ctrl+PageUp」「Ctrl+PageDown」を参考にされてみてください。

alt-e-lalt-e-l

↑アクセスキー【Alt→E→L】で『Sheet2』を削除しましょう。

【Alt】はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方の【Alt】を1回押しましょう。

今回は左側の【Alt】で解説します。

ALTを押すALTを押す

↑【Alt】を押すと英数字が表示されます。

今回は表示されていませんが、【E】を押しましょう。

『L』を押す『L』を押す

↑【L】を押します。

シートの削除シートの削除

↑『シートの削除』が完了しました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
不要なシートに何か入力されている場合、【Alt→E→L】を押すと『削除しますか?』と確認のメッセージが表示されるよ!OKなら【Enter】を押して削除しよう!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。