グラフ

【エクセル】グラフの単位を変更するテクニックを紹介!万でも億でも簡単!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルのグラフの単位は変更できるのかな?
桁数が多いと『0』が多くなって、見た目が良くないんだよね。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルのグラフの軸には、百、千、万というように単位を表示させることができるよ。
桁数の多いグラフもスッキリ表示させることができるから便利だよ。

今回は、エクセルのグラフの単位を変更する方法を解説します。

エクセルでグラフを作成するときのポイントは、表の数値を視覚的に分かりやすく見やすく表現することです。

例えば、最大値が『5憶』、目盛りの単位が『1億』の縦棒グラフを作成すると、縦軸に『100,000,000』、『200,000,000』と表示されますよね。おそらく、見る側は『0がもっと少なくならないかな』と感じるでしょう。

また、横棒グラフに置き換えると、『0』表示を収めるためだけにグラフ全体が横広になり、無駄に目立つ結果になる場合もあります。

そのような時は、グラフの軸に単位を表示することで解決できます。軸に単位を表示すると『0』を省略して表示するので、桁数の多い数値も見やすくなりますね。

単位の変更は簡単にでき、とても便利ですよ。

エクセルのグラフの単位を変更する簡単ステップ
  1. グラフの数値軸を右クリック
  2. [軸の書式設定]を選択
  3. [表示単位]から任意の単位を選択

以上の3ステップでエクセルのグラフの単位を変更します。

エクセルのグラフには、色々なパターンがあります。
桁数の多い数値を扱う場合は、単位を表示して『0』を省略できます。

また、1個の棒グラフだけが飛びぬけて高くなってしまったというときは、グラフを途中で省略できます。1個の棒グラフだけが飛びぬけて高くなってしまっては、他のデータが分かりにくくなりますよね。

グラフを途中で省略する方法は、【エクセルのグラフ】棒グラフのデータが飛びぬけて高いときは途中で省略しよう!で解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【エクセルのグラフ】棒グラフのデータが飛びぬけて高いときは途中で省略しよう!エクセルのグラフを作成し、1個や2個などの少数のデータが突出して、グラフが見えづらくなったことはありませんか?そんな場合には、グラフの途中で省略してグラフを見やすくするようにしましょう。省略する場合、波線で区切ります。しかし、エクセルの機能にはありません。本文では図形を使い波線を作成します。...

次項よりエクセルのグラフ単位を変更する方法について、詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルのグラフ単位を変更するには

下記の棒グラフは単位が表示されていないため、何の数値を表しているのか分かりませんね。

単位が表示されていない棒グラフ単位が表示されていない棒グラフ

↑それでは、このグラフに『単位 円』と設定しましょう。

[グラフ要素]より設定[グラフ要素]より設定

↑下記の順に設定します。

  1. グラフエリアを選択し、右側に表示される十字ボタン[グラフ要素]を選択
  2. [軸ラベル]にマウスを乗せ、右側に表示される[▶]ボタンを選択
  3. [第1縦軸]にチェックを入れる
  4. グラフ左側の縦軸に『軸ラベル』が表示される
[縦(値)軸ラベル]をクリック[縦(値)軸ラベル]をクリック

↑『軸ラベル』にマウスを近づけると、十字マークに変わり[縦(値)軸ラベル]が表示されます。

枠線が点線になりカーソルが表示される枠線が点線になりカーソルが表示される

↑[縦(値)軸ラベル]をクリックし、カーソルを表示させます。
(枠線が点線に変わるまで[縦(値)軸ラベル]をクリックする)

単位が表示された棒グラフ単位が表示された棒グラフ

↑『軸ラベル』の文字列を削除し『単位 円』と入力しましょう。

グラフに単位が表示されたことで、分かりやすくなりましたね。
このように、グラフの単位は任意に変更することができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
[縦(値)軸ラベル]を選択すると、実線の枠線か点線の枠線で表示されるから、文字列を編集するときは、点線の枠線になるまでクリックしてね。

次項では、便利な作業ウィンドウ『軸の書式設定』について解説していきます。

便利な作業ウィンドウ『軸の書式設定』

エクセルのグラフ単位を変更する場合、『軸の書式設定』作業ウインドウを利用すると、数値軸を詳細に設定でき、とても便利です。

それでは、『軸の書式設定』作業ウインドウを表示してみましょう。

[書式]-[縦(値)軸]-[選択対象の書式設定]を選択[書式]-[縦(値)軸]-[選択対象の書式設定]を選択

↑下記のいずれかの方法で『軸の書式設定』作業ウインドウを開きます。

  1. グラフを選択
  2. [書式]を選択
  3. プルダウンメニューから[縦(値)軸]を選択
  4. [選択対象の書式設定]を選択
[縦(値)軸]を右クリック[縦(値)軸]を右クリック

↑縦軸にマウスを近づけると、十字マークに変わり[縦(値)軸]が表示されます。

[軸の書式設定]を選択[軸の書式設定]を選択

↑または、グラフ左側の[縦(値)軸]を右クリックし、[軸の書式設定]を選択しましょう。

『軸の書式設定』作業ウインドウ『軸の書式設定』作業ウインドウ

↑画面右側に『軸の書式設定』作業ウインドウが表示されましたね。

[軸の書式設定]では、軸のオプション、目盛り、ラベル、表示形式について、詳細に設定ができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
グラフの[縦(値)軸]を選択して、[書式]-[選択対象の書式設定]を選択しても、同様に『軸の書式設定』作業ウインドウが表示されるよ。

次項では、『軸の書式設定』作業ウインドウを利用して、表示単位を『万単位』にする方法を解説していきます。

表示単位を『万単位』にする

下記の棒グラフを見てみましょう。

桁数の多い棒グラフ桁数の多い棒グラフ

↑縦軸の桁数が多くて『0』の数が気になりますね。

そのような時は、軸に単位を表示し『0』を省略することができます。桁数の多いグラフも見やすくなりますよ。

では、[軸の書式設定]作業ウインドウから表示単位を『万単位』に設定してみましょう。

[軸の書式設定]作業ウインドウより設定[軸の書式設定]作業ウインドウより設定

↑グラフの[縦(値)軸]を右クリックし、[軸の書式設定]を選択しましょう。

[軸の書式設定]作業ウインドウが表示されたら下記の順に設定します。

  1. [軸のオプション]を選択
  2. [表示単位]-[万]を選択
  3. [表示単位のラベルをグラフに表示する]にチェックを入れる
  4. 右上端の『×』を選択し、作業ウィンドウを閉じる
『0』の数が省略された棒グラフ『0』の数が省略された棒グラフ

↑[縦(値)軸]の左側に『万』が表示されました。
数値を万単位で表示することで、『0』の数が省略され、グラフ単位を変更する前より見やすくなりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
[表示単位]は、[なし、百、千、万、十万、百万、千万、億、十億、兆] から選択できるよ。

次項では、表示単位のラベルの向きを設定する方法を解説していきます。

表示単位のラベルの向きを確認

下記の棒グラフは、先ほど[表示単位]を設定したものですが、『万』のラベルの向きが不自然ですね。

[表示単位]の向き調整前[表示単位]の向き調整前

↑最後に[表示単位]の向きを調整して完成させましょう。

[縦(値)軸表示単位ラベル]を右クリック[縦(値)軸表示単位ラベル]を右クリック

↑[表示単位]の『万』にマウスを近づけると[縦(値)軸表示単位ラベル]が表示されます。

[表示単位ラベルの書式設定]を選択[表示単位ラベルの書式設定]を選択

↑グラフ左側の[縦(値)軸表示単位ラベル]を右クリックし、[表示単位ラベルの書式設定]を選択します。

『表示単位ラベルの書式設定』作業ウインドウより設定『表示単位ラベルの書式設定』作業ウインドウより設定

↑画面右側に『表示単位ラベルの書式設定』作業ウインドウが表示されたら、下記の順に設定しましょう。

  1. [サイズとプロパティ]を選択
  2. [文字列の方向]-[縦書き]を選択
  3. 右上端の『×』を選択し、作業ウィンドウを閉じる
[表示単位]の向き調整後[表示単位]の向き調整後

↑グラフ左側の[縦(値)軸 表示単位ラベル]の向きが変わりましたね。

[縦(値)軸 表示単位ラベル]移動前[縦(値)軸 表示単位ラベル]移動前

[表示単位]の表示位置が気になる場合は、移動もできます。
表示位置を移動する場合は、[表示単位]の『万』にマウスを近づけ、十字マークに変わったら、任意の場所にドラッグします。

[縦(値)軸 表示単位ラベル]移動後[縦(値)軸 表示単位ラベル]移動後

↑[表示単位]の位置は、簡単に移動できましたね。

[表示単位]の『万』に『円』を追加[表示単位]の『万』に『円』を追加

↑また、[表示単位]の『万』に『円』を追加すると、さらに分かりやすくなるので、参考にしてみてください。

エクセルのグラフは、単位の表示方法1つで見やすさが変わる!!

エクセルのグラフに、単位を表示するのとしないのでは、見やすさと分かりやすさに差が生じます。

単位が表示されていなければ、何の数値だか分かりません。また、単位が『円』のところを『個』と表示してしまったら、全く異なる数値を伝えることになります。

桁数が多いグラフを扱う場合でも、[表示単位]を利用すれば、兆単位まで簡易な数値で表示できるため、これまで『0』の多さに、うんざりしていたことも解消されます。

グラフに正しい単位を表示することは、とても重要ですね。

エクセルのグラフの単位を変更する方法のまとめ
  • グラフの単位は、[グラフ要素]-[軸ラベル]-[第1横軸]or[第1縦軸]から直接入力できる
  • 『軸の書式設定』作業ウインドウを利用すると、数値軸を詳細に設定できる
  • グラフの単位変更をする場合、[軸の書式設定]-[表示単位]-[なし、百、千、万、十万、百万、千万、億、十億、兆] から選択できる
  • グラフの単位変更をする場合、[軸の書式設定]-[表示単位]から任意の単位を選択すると、選択した単位に合わせて『0』を省略して表示する

グラフの単位表示の変更はとても簡単ですので、どこまでの桁数なら、どの単位で表示することが1番見やすいのか、確認してみるのもいいですね。

グラフを作成する場合は、数値を視覚的に、分かりやすく、見やすくなるように心がけましょう。
桁数の多いグラフを扱う場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、棒グラフでの数値比較において『1個の棒グラフだけが飛びぬけて高くなってしまった』という経験はありませんか。そのような時は、グラフを途中で省略する方法があります。

グラフを途中で省略する方法は、【エクセルのグラフ】棒グラフのデータが飛びぬけて高いときは途中で省略しよう!で解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【エクセルのグラフ】棒グラフのデータが飛びぬけて高いときは途中で省略しよう!エクセルのグラフを作成し、1個や2個などの少数のデータが突出して、グラフが見えづらくなったことはありませんか?そんな場合には、グラフの途中で省略してグラフを見やすくするようにしましょう。省略する場合、波線で区切ります。しかし、エクセルの機能にはありません。本文では図形を使い波線を作成します。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。