ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】シート内にグラフを作成する「Alt+F1」

タイトル

エクセルで表を作成するときに、グラフも作成すると見やすいデータ作成をすることが出来ます。

エクセルでグラフ作成はとても重要です。

そのグラフもショートカットキー【Alt+F1】で、簡単に作成することが出来ます。

今回は【Alt+F1】について解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Alt+F1オルト + F1

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

シート内にグラフを作成するショートカットキーの手順

フルーツ売上合計表を使い解説します。

フルーツ売上合計表フルーツ売上合計表

↑フルーツ売上合計表があります。

各フルーツの1年間の売り上げをまとめています。

この表だけでは分かりにくいですね。

グラフをつけて、さらに分かりやすく、そして見やすくしましょう。

グラフを作成する範囲の選択グラフを作成する範囲の選択

↑グラフにする部分を選択します。

品名と月のB2からN8まで選択しましょう。

オルトの場所オルトの場所

↑ショートカットキー【Alt+F1】を押します。

「Alt」はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は右側の「Alt」で解説します。

オルトとF1の場所オルトとF1の場所

↑「Alt」を押した状態のままで「F1」を押します。

同時には押せません。

①Altを押したまま→②F1の順番で押しましょう。

グラフ完成グラフ完成

↑グラフがシート内に簡単に作成できました。

新規のシートにグラフを作成するショートカットキーは【F11】になります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
グラフが入ることでさらに見やすいデータになるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。