ショートカットキー

選択範囲のグラフを作成する「F11」

エクセルではグラフを使いデータをより見やすくすることが出来ます。

そして、そのグラフをショートカットキーで瞬時に作成することもできます。

今回は選択している範囲をグラフにするショートカットキー【F11】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

F11ファンクションキー11

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択範囲のグラフを作成するショートカットキーの手順

フルーツ売上合計表フルーツ売上合計表

↑年間のフルーツ売上合計表があります。

この表をグラフにしてみましょう。

選択範囲をグラフにする選択範囲をグラフにする

↑商品名とそれぞれの月ごとの金額を全て選択します。

合計は範囲に含みません。

F11の場所F11の場所

↑【F11】を押しましょう。

グラフの作成完了グラフの作成完了

↑新規のシート『グラフ1』に、年間のフルーツ売上合計のグラフを作成することが出来ました。

グラフを細かく編集する場合は、グラフツールから設定してみてください。

シート内にグラフを作成するショートカットは【Alt+F1】になります。

参考にしてみてくださいね。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
サクッとグラフが作成できたね!

ファンクションキーは、必要なものを覚えておくと仕事効率がアップしますよ。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も活用してくださいね。

役立つショートカットキーに出会えます!

タイトル
保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!エクセルのショートカットキーを一覧にしています。今回は覚えて便利な基本のショートカットキー一覧を紹介します。使用頻度の高いコピー&ペーストや切り取り、セルの書式設定ダイアログボックスを表示するショートカットキーなどから、あまり知られていないショートカットキーまで。ショートカットキーを使いエクセル作業の効率アップを目指しましょう。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。