ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】選択範囲のグラフを作成する「F11」

タイトル

エクセルではグラフを使いデータをより見やすくすることが出来ます。

そして、そのグラフをショートカットキーで瞬時に作成することもできます。

今回は選択している範囲をグラフにするショートカットキー【F11】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

F11ファンクションキー11

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択範囲のグラフを作成するショートカットキーの手順

フルーツ売上合計表フルーツ売上合計表

↑年間のフルーツ売上合計表があります。

この表をグラフにしてみましょう。

選択範囲をグラフにする選択範囲をグラフにする

↑商品名とそれぞれの月ごとの金額を全て選択します。

合計は範囲に含みません。

F11の場所F11の場所

↑【F11】を押しましょう。

グラフの作成完了グラフの作成完了

↑新規のシート『グラフ1』に、年間のフルーツ売上合計のグラフを作成することが出来ました。

グラフを細かく編集する場合は、グラフツールから設定してみてください。

シート内にグラフを作成するショートカットは【Alt+F1】になります。

参考にしてみてくださいね。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
サクッとグラフが作成できたね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。