関数

【エクセル】LEN関数は簡単に文字の数を表示できる優れもの!!

エクセル初心者
エクセル初心者
書類を作成するときに『250文字から300文字以内にまとめて提出』と言われたよ。入力して、文字の数を数える関数とかないかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
もちろんあるよ!書類作成をしていると入力文字数の制限がある場合も出てくるね。そんな時は文字の数を数える【LEN関数】が便利だよ!今回はLEN関数を紹介するね!

文字の数を数える【LEN(レン)関数】を使って、文字数を求めてみましょう。

LEN関数は、ステップはとても簡単です。

簡単ステップ
  1. 文字の数を数えたいセルを選択する
  2. LEN関数を入力する

LEN関数は、文字や数字、記号、スペースや句読点なども文字数としてカウントします。

本文では『店休日』のデータを使い詳しくLEN関数を解説しますね。

LEN関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルの文字数をカウントするLEN関数とは

エクセルで文字の数を数えるときは【LEN関数】が簡単で便利です。

文字や数字、記号、スペースや句読点などをカウントします。

そして全角や半角にかかわらず『1文字』としてカウントします。

LEN関数とは

=LEN(文字列)

意味:指定された文字列の文字数をカウントします。

LEN関数は、文字数をカウントすることができるので他の関数と組み合わせて使うと更に便利です。

文字列から指定された文字数を抽出する【LEFT関数】や【RIGHT関数】や【MID関数】と合わせて使えます。

詳しい解説はこちら≫エクセルで文字列を抽出することができる関数を簡単解説!!を参考にしてみてください。

タイトル
エクセルで文字列を抽出する関数を紹介!3つの関数をマスターしよう!エクセルで文字列を抽出することが出来る関数を紹介します。関数名が【LEFT関数:左】【RIGHT関数:右】【MID関数:中間】というように、名前通りの場所から文字列の抽出をすることができます。とても簡単で覚えやすいです。エクセルでさまざまな文字列の抽出ができる3個の関数をぜひ使ってみてください。...

次の項目より、LEN関数を使った手順の紹介をするので、参考にしてください。

1 2
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。