関数

エクセルで文字数をカウントするなら【LEN関数】におまかせ!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
書類を作成するときに『250文字から300文字以内にまとめて提出』と言われたよ。入力して、文字数もカウントしてくれる関数とかないかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
もちろんありますよ。書類作成をしていると入力文字数の制限がある場合も出てくるね。そんな時は文字数をカウントする【LEN関数】が便利だよ!今回はLEN関数を紹介するね!

文字数のカウントをする【LEN(レングス)関数】を使って、文字数を求めてみましょう。

LEN関数は、ステップもとても簡単です。

簡単ステップ

①文字数をカウントするセルを選択する

LEN関数は、文字や数字、記号、スペースや句読点なども文字数としてカウントします。

本文では『店休日』のデータを使い詳しくLEN関数を解説しますね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

文字数をカウントするLEN関数

エクセルで文字数をカウントするときは【LEN関数】が簡単で便利です。

文字や数字、記号、スペースや句読点などをカウントします。

そして全角や半角にかかわらず『1文字』としてカウントします。

LEN関数とは

=LEN(文字列)

意味:指定された文字列の文字数をカウントします。

LEN関数は、文字数をカウントすることができるので他の関数と組み合わせて使うと更に便利です。

文字列から指定された文字数を抽出する【LEFT関数】や【RIGHT関数】や【MID関数】と合わせて使えます。

詳しい解説はこちら≫エクセルで文字列を抽出することができる関数を簡単解説!!を参考にされてみてください。

タイトル
エクセルで文字列を抽出することができる関数を簡単解説!!エクセルで文字列を抽出することが出来る関数を紹介します。関数名が【LEFT関数:左】【RIGHT関数:右】【MID関数:中間】というように、名前通りの場所から文字列の抽出をすることができます。とても簡単で覚えやすいです。エクセルでさまざまな文字列の抽出ができる3個の関数をぜひ使ってみてください。...

LEN関数を使って文字数をカウントしてみよう!

文字数をカウントしよう文字数をカウントしよう

↑『今月の店休日』を使い、文字数をカウントしてみましょう。

B列の文字数を行ごとにE列に計算します。

LEN関数の挿入LEN関数の挿入

↑E2のセルを選択し、

=LEN(B2)

を入力しEnterを押しましょう。

B2の文字数は?B2の文字数は?

↑B2のセルの文字数をカウントされました。

『今月の店休日』は6文字ですね。

それぞれの文字数もカウントしてみましょう。

LEN関数をコピーしようLEN関数をコピーしよう

↑E2のセルをコピーして、それぞれにペーストすると、関数を手入力しなくて済みます。

コピー&ペーストのショートカットキーは

≫【エクセルのショートカットキー】文字やセルをコピーする「Ctrl+C」

≫【エクセルのショートカットキー】文字やセルをコピーを貼り付ける「Ctrl+V」

になりますので参考にしてみてくださいね。

行ごとの文字数のカウント完了行ごとの文字数のカウント完了

↑すべての文字数をカウント出来ました。

LEN関数は合計も求めることが出来るので、SUM関数を使い、合計をG12に出してみましょう。

文字数の合計をSUM関数で求める文字数の合計をSUM関数で求める

↑G12のセルに

=SUM(E2:E12)

を入力しましょう。

文字数の総合計文字数の総合計

↑簡単に『今月の店休日』の総文字数がカウントできました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
LEN関数は、全角でも半角でも『1文字』とカウントするよ!

文字のバイト数はLENB関数

次に【LENB(レングスビー)関数】を紹介します。

LENB関数は、文字数ではなく、文字のバイト数をカウントします。

バイト数はLENB関数バイト数はLENB関数

↑H列にバイト数を求めてみましょう。

LENB関数の挿入LENB関数の挿入

↑H2のセルを選択し、

=LENB(B2)

を入力しEnterを押します。

バイト数は?バイト数は?

↑『今月の店休日』のバイト数12バイトが返されました。

残りの行もバイト数をカウントし、合計バイト数も求めます。

総合計の違いは?総合計の違いは?

↑文字数とバイト数では、大きく違います。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
バイト数は、半角文字1バイト、全角文字2バイトでカウントしているよ!

まとめ

文字数のカウントをする【LEN(レングス)関数】と【LENB(レングスビー)関数】を紹介しました。

LEN関数とLENB関数は、文字、数字、記号、スペース、句読点なども文字数としてカウントし、違いは下のようになります。

LEN関数LENB関数
=LEN(文字列)=LENB(文字列)
全角1文字・半角1文字とカウントする全角2バイト・半角1バイトとカウントする

LEN関数は、文字数をカウントし、他の関数と組み合わせて使うこともできます。

【LEFT関数】や【RIGHT関数】や【MID関数】と合わせて、文字列から指定された文字数を抽出することにも使えます。

≫エクセルで文字列を抽出することができる関数を簡単解説!!も参考考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
こちらの記事もオススメ