ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】シートの先頭や末尾に移動する「Ctrl+Home」「Ctrl+End」

タイトル

エクセルで作業していると、作業中のワークシート内の先頭や末尾をすぐ確認しないといけない機会はありませんか?

データが横に増えていけば、先頭を見るのにマウスで戻るのは時間がかかることもあります。

データが下に増えていく場合も同じですね。

今回は作業中のワークシート内の先頭や末尾に一瞬で移動できるショートカットキー【Ctrl+Home(ホーム)】と【Ctrl+End(エンド)】を紹介します。

一瞬で先頭や末尾を表示することが出来ると、膨大なデータでも素早く確認できるのでとても便利です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Homeコントロール + ホーム
Ctrl+Endコントロール + エンド

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

シートの先頭や末尾に移動するショートカットキーの手順

社員名簿を使って解説社員名簿を使って解説

↑社員名簿を使って解説します。

現在、セルは今日の日付を選択しています。

【Ctrl+Home】を押して先頭のセルに移動させましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとホームの場所コントロールとホームの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「Home」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②「Home」の順番で押しましょう。

先頭に移動先頭に移動

↑セルがA1のセルに移動しました。

簡単に先頭に移動していますね。

末尾に移動させてみよう末尾に移動させてみよう

↑次は【Ctrl+End】を押して末尾に移動しましょう。

コントロールとエンドの場所コントロールとエンドの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「End」を押します。

末尾に移動完了末尾に移動完了

↑J10のセルに移動しています。

とても簡単に一瞬で移動できますね。

データ量が増えていくと、画面では入りきれずシートが見えなくなります。

そんな時にも活躍するショートカットキーになります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
マウスを使わずに先頭や末尾に移動できるのは時短になって便利だね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。