ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】複数のBookを切り替える「Ctrl+Tab」

タイトル

エクセルで複数のブックを開いているときに、素早くBookを移動するショートカットキーがあります。

今回は【Ctrl+Tab(タブ)】を紹介します。

Ctrl+Tabを使い、Bookの切り替えをしてみましょう。

そして、このショートカットキーは、ダイアログボックスを表示しているときにも使うことが出来ます。

ダイアログボックスを表示しているときは、タブを切り替えることが出来ます。

さっそく使ってみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Tabコントロール + タブ

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

複数のBookを切り替えるショートカットキーの手順

ブックを2個開くブックを2個開く

↑Bookを複数開いている状態です。

今回は『Book1』と『Book2』を開いています。

Book2は下に隠れています。

【Ctrl+Tab(タブ)】を使いBook2に切り替えてみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとタブコントロールとタブの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「Tab」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②「Tab」の順番で押しましょう。

ブック2が手前に表示されたブック2が手前に表示された

↑Book2が手前に表示され、切り替わりました。

ダイアログボックスのタブの切り替え

ダイアログボックスの表示ダイアログボックスの表示

↑ダイアログボックスを表示してみましょう。

セルの書式設定ダイアログボックスは『Ctrl+1』で表示できます。

コントロールとタブコントロールとタブの場所

↑ダイアログボックスが表示されている状態で【Ctrl+Tab】を押してみましょう。

タブを移動するタブを移動する

↑押すたびにタブが切り替わっていきます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
同じショートカットキーでも、作業の状態によっては、Bookやタブの切り替えが出来るんだね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。