関数

【エクセルドクターQ&A】IFS関数を使って数字を取り出して違うsheetに表示する

質問者さん
質問者さん
2枚のシートがあって、1枚目は請求書です。
2枚目は商品コードや値段、商品の詳細内容が商品ごとに記載されたリストになっています。
1枚目のシートに商品コードを入力すると2枚目のシートの商品の合計の値段を表示する方法はありますか?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
質問ありがとう!
リストが、商品ごとに分かれているみたいだね。
今回は『IFS関数』を使って、商品の値段を取り出してみよう!

IFS関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

IFS関数を使ってみよう!

シート1の請求書と、シート2の商品リストを見てみましょう。

sheet1請求書sheet1請求書

↑シート1の請求書A14:A23には、商品コードを入力します。

商品コードを入力すると、品名と金額が反映されるようにしましょう。

sheet2商品リストsheet2商品リスト

↑シート2の商品リストは、例えばバナナは3種類のバナナの合計が計算されています。

この合計金額が、請求書の金額に反映される金額になります。

IFS関数IFS関数

↑請求書に関数を入れていきます。

B14セルに『=IFS(A14=1,商品リスト!$A$2,A14=2,商品リスト!$A$8,A14=3,商品リスト!$A$14,A14=4,商品リスト!$A$20)』を入力します。

IFS(イフエス)関数とは

=IFS(論理式1, 真の場合1, 論理式2, 真の場合2, …, 論理式127, 真の場合127)

意味:『論理式1』が真の場合は、『真の場合1』を表示します。『論理式1』が偽の場合は、『論理式2』を計算します。127個まで論理式と真の場合を作成できます。

B14のセルには、『A14の商品コード』が『001』ならば『商品リストのA2のバナナ』を表示します。

『A14の商品コード』が『001』ではない場合、次の『論理式2』を表示します。

001ならばバナナ001ならばバナナ

↑A14セルに『001』を入力すると、B14セルには『バナナ』と表示されました。

次はF14セルの金額に関数を入力しましょう。



金額のIFS関数金額のIFS関数

↑F14セルに『=IFS(A14=1,商品リスト!$E$5,A14=2,商品リスト!$E$11,A14=3,商品リスト!$E$17,A14=4,商品リスト!$E$23)』を入力します。

バナナの合計バナナの合計

↑バナナの合計金額が反映されました。

品名と金額の関数を下にもコピーします。

しかし、このままオートフィルでコピーすると、商品コードを入力していないセルには『#N/A』が表示されてしまいます。

IFS関数の前にIF関数IFS関数の前にIF関数

↑なので、IFS関数の前に『IF関数でA14=0ならば、”空白”』を付けてあげましょう。

B14セルは『=IF(A14=0,””,IFS(A14=1,商品リスト!$A$2,A14=2,商品リスト!$A$8,A14=3,商品リスト!$A$14,A14=4,商品リスト!$A$20))』になります。

F14セルは『=IF(A14=0,””,IFS(A14=1,商品リスト!$E$5,A14=2,商品リスト!$E$11,A14=3,商品リスト!$E$17,A14=4,商品リスト!$E$23))』です。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑オートフィルでコピーしましょう。

オートフィルオプションから『書式なしコピー』にチェックを入れます。

IFS関数の請求書IFS関数の請求書

↑これで、完成です。

商品リストの数量や単価が変更し、合計金額が変更しても、請求書は常に最新の入力情報を反映します。

IF関数であればネストが必要でしたが、IFS(イフエス)関数はシンプルに関数をまとめることができます。

IFS(イフエス)関数をぜひ活用してみてください。

お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。