【エクセル】PRODUCT関数で掛け算をする方法を解説!

2 min 893 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで掛け算ができる関数ってあるのかな?

もちろんあるよ!掛け算は『PRODUCT関数』を使うよ。くわしく解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルで掛け算をするPRODUCT関数について解説します。

PRODUCT関数の使い方
  1. 積を求めたいセルを選択
  2. PRODUCT関数を入力
  3. 引数にセルを入力

上記のような使い方なので、SUM関数の入力方法と同じように考えてOKです。

さらにくわしくエクセルの掛け算についてまとめた記事は、こちら≫エクセルの掛け算を徹底解説!できない方も必見!で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

PRODUCT関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

◇記事内のエクセル用語◇

演算子計算などに使う記号。
加算『+』、減算『-』、乗算『*』、除算『/』など。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』と『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのPRODUCT関数とは?

掛け算ができる関数『PRODUCT関数』をくわしく解説します。

PRODUCT関数は、複数の数値の積を求めることが出来ます。

ポイント

PRODUCT(プロダクト)関数とは

=PRODUCT(数値1,数値2,・・・数値255)

意味:積を求めたい数値を指定します。セルの範囲を指定することもできます。引数は255個まで指定できます。

足し算のSUM関数と同じ考え方だよ! =SUM(数値:数値)と=PRODUCT(数値:数値)は、似てるよね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

PRODUCT関数の使い方

掛け算ができる関数『PRODUCT関数』を使って、計算してみましょう。

フルーツ仕入表を使って解説します。

フルーツ仕入表
フルーツ仕入表

↑フルーツ仕入表の『仕入金額』をPRODUCT関数で求めます。

PRODUCT関数
PRODUCT関数の入力

↑E3のセルを選択し、

=PRODUCT(B3:D3)

を入力してEnterを押します。

仕入金額をオートフィル
仕入金額をオートフィル

↑仕入金額を求めることができました。

E9までオートフィルでコピーしましょう。

PRODUCT関数で計算完了
PRODUCT関数で計算完了

↑簡単に【PRODUCT関数】で掛け算が出来ました。

掛ける数値が増える場合は、このPRODUCT関数を使うとすっきりとスマートな式になるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

掛け算をするPRODUCT関数

エクセルで掛け算をする方法【PRODUCT(プロダクト)関数】について解説しました。

掛け算をスマートに表示できるPRODUCT関数をぜひ活用してください。

考え方は「SUM関数」と同じなので、覚えやすいですね。

オートSUMのように、すぐに使えるボタンはありませんが、大変便利な関数です。

ほかにも掛け算をする方法や、掛け算の固定などさらに役立つ情報をまとめた記事は、こちら≫エクセルの掛け算を徹底解説!できない方も必見!で解説しています。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事