ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】作成済みファイルを開く「Ctrl+O」

タイトル

エクセルで作業中に、作成済みのエクセルファイルを開く時はCtrl(コントロール)とO(オー)のショートカットキーになります。

見比べに必要な作成済みのファイルなど、別のファイルを開いた状態から違うファイルを開けます。

マウスで開くより時短になります。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Oコントロール + オー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

作成済みのファイルを開くショートカットキーの手順

エクセルで作業中に、以前のデータと見比べたい時は、ショートカットキーで作成済みのファイルを開いてみましょう。

作業中のエクセル作業中のエクセル

↑これは作業中のエクセルを開いている状態です。

コントロールとオーコントロールとオーの場所

↑「Ctrl」を押した状態のまま「O」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Oの順番で押しましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

開く「開く」を開く

↑エクセルを開く画面が出てきます。

開きたいファイルをクリックするだけで簡単に呼び出せます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
Ctrl+F12も、エクセルのファイルを開くショートカットキーになるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。