楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】π(円周率)の使い方必見!簡単すぎるPI関数を解説

3 min 267 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルでπ(円周率)を使う方法を教えて!『π』という記号自体も入力ってできるのかな?

エクセルでπ(円周率)を使う方法は簡単だよ!『π』という記号でも入力はできるし、『π』を数値で表示することもできるよ。これから詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルでπ(円周率)を使う方法について、解説します。

円周や円の面積を求めるには、π(円周率)が必要ですよね。

そんなπ(円周率)の数値について、どれくらい覚えていますか。

エクセルを使うとπ(円周率)の詳しい数値を思い出さなくても、簡単に円周率を使った計算をすることができます。

この記事を読むと、π(円周率)の入力方法から関数を使って円の面積を求める方法について、理解することができますよ。

エクセルπ(円周率)を返す簡単ステップ
  1. PI関数を使う
  2. 『=PI()』を入力
  3. Enterを押す
  4. π(円周率)の近似値である数値『3.14159265358979』を返す(表示する)

PCサポート歴10年以上の私が、エクセルでπ(円周率)を使う方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルでπ(円周率)を使用する場合、PI関数を使うと便利です。

円周や円の面積を求める公式を思い出しながら、PI関数を使ってみると、理解が早くなりますよ。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルでπ(円周率)を使う方法

一般的に円周率を初めて学習するのは、小学校での算数の時間です。

久しぶりに円周率が出てくると、『円周率って????』となってしまうのもおかしくないですよね。

簡単ですが、円周率について、少しおさらいをしてみましょう。

π(円周率)とは

円周率とは、円の直径に対する円周の長さの比率のことです。

円周や円の面積を求めるには、円周率を使用します。

円の公式の確認
円の公式の確認

円周 = 直径(2r) × 円周率(π)
円の面積 = 半径(r) × 半径(r) × 円周率(π)

Dr.オフィス個人としては、小学校の算数で円周率は『3.14』と学習し、中学校の数学では円周率を『π』という記号を使って計算する方法を学習しました。

π(円周率)を入力するには?

『π』の記号を入力する方法
『π』の記号を入力する方法

『π』を入力するには、ひらがなで『ぱい』と入力し、変換候補一覧から『π』を選択するだけです。

ということで、『π』という記号は、『ぱい』と読むことを思い出せましたか。

年代によってπ(円周率)の近似値が多少異なる場合もありますが、今回のExcelドクターで解説するπについてのおさらいは、これぐらいにしておきますね。

π(円周率)の計算は関数を使うと便利!

エクセルで円周や円の面積を求めたい場合は、PI関数を使うと便利です。

円周率を返すPI関数

PI関数を入力すると、円周率を返します。

ポイント

PI関数とは

=PI()
※PI関数の書式には引数はありません。

意味:円周率πの近似値である数値『3.14159265358979』を返します。
この数値の精度は15桁です。

PI関数を入力する方法

それでは、任意のセルに、PI関数を入力しましょう。

PI関数を入力する方法
PI関数を入力する方法
  1. 任意のセルを選択
  2. 続けて数式バーを選択
  3. 『=PI()』を入力
  4. Enterを押す

円周率『3.141593』がセル内に表示されましたね。

PI関数で返す円周率πの数値は『3.14159265358979』ですが、PI関数のデフォルトでは小数点以下9桁まで(セル幅でも調整される)を表示します。そのため、10桁目を四捨五入し『3.141592654』と表示されます。

円周率の表示桁数を確認する

PI関数は、デフォルトで小数点以下9桁までを表示します。

念のため、10桁以降も確認してみましょう。

円周率の表示桁数の確認
円周率の表示桁数の確認

円周率の10桁以降を確認するには、追加したい桁数だけ『小数点以下の桁数を増やす』ボタンを押すと確認できます。

PI関数の数値の精度は15桁だから、15桁より桁数を増やしても『0』しか表示されないよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

円周の長さを計算する

PI関数を使って、半径(r)が5cmの円周を計算してみましょう。

半径が5cmということは、直径(2r)が10cmということになります。

円周の長さを計算する『円周 = 直径(2r) × 円周率(π)』に当てはめて、下記の通りに入力します。

  • =10*PI()
PI関数で円周を求める方法
PI関数で円周を求める方法
  1. 任意のセルを選択
  2. 続けて数式バーを選択
  3. 『=10*PI()』を入力
  4. Enterを押す
円周が計算される
円周が計算される

円周の長さを簡単に計算することができましたね。

今回は、直径の長さを先に計算して『=10*PI』としたけれど、半径を使って計算できるように、『=2*5*PI』と入力しても問題ないよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

円の面積を計算する

PI関数を使って、半径(r)が5cmの円の面積を計算してみましょう。

円の面積を計算する『円の面積 = 半径(r) × 半径(r) × 円周率(π)』に当てはめて、下記の通りに入力します。

  • =5*5*PI()
PI関数で円の面積を求める方法
PI関数で円の面積を求める方法
  1. 任意のセルを選択
  2. 続けて数式バーを選択
  3. 『=5*5*PI()』を入力
  4. Enterを押す
円の面積が計算される
円の面積が計算される

円の面積を簡単に計算することができましたね。

エクセルでπ(円周率)を使う時はPI関数がおすすめ!

今回は、エクセルでπ(円周率)を使う方法について、解説しました。

エクセルで円周や円の面積を求めるには、PI関数を使うと便利でしたね。

また、当然ながらPI関数を入力しただけでは、π(円周率)の近似値率を返すことしかできません。

そのため、PI関数を使用する場合は、円周や円の面積を求める公式を確認しておきましょう。

最後に、エクセルでπ(円周率)を返す簡単ステップについて、おさらいします。

おさらい
  1. PI関数を使う
  2. 『=PI()』を入力
  3. Enterを押す
  4. π(円周率)の近似値である数値『3.14159265358979』を返す(表示する)

エクセルでπ(円周率)を使う場合は、是非、PI関数を参考にしてみてくださいね。

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事