楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】オートフィルで大量の連続データを入力!日付や曜日もこれだけでOK

4 min 57 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのオートフィルで大量の連続データを簡単に入力できないかな?ドラッグする距離が長くなると結構大変だから、いい方法があるといいのに。。。

それならいい方法があるよ!オートフィルのドラッグ操作は、距離が長くなると大変だからね。これから詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、オートフィルで大量の連続データを入力する方法について、解説します。

オートフィルでデータを入力するのに、1画面に収まらない程の長い距離をドラッグするのは、大変ですよね。

そのような大量の連続データを入力する場合には、ドラッグ操作なしでオートフィルできる便利な方法があります。

この記事を読むと、オートフィルで大量の連続データや日付、曜日を入力する方法について、理解することができますよ。

【エクセル】オートフィルで大量の連続データを入力する簡単ステップ

【1から500までを入力する場合】

  1. 連続データの先頭となるセルを選択
    (ここでは先頭セルに『1』を入力しておく)
  2. [ホーム]タブ-[フィル]の『連続データの作成』を選択
  3. [範囲]-[列]、[種類]-[加算]を選択
  4. [停止値]-[500]を入力
  5. [OK]を選択

PCサポート歴10年以上の私が、オートフィルで大量の連続データを入力する方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

大量のセルに連続したデータを入力する場合、オートフィルでドラッグ操作するよりも簡単にデータを入力する方法があります。

例えば、A列に『1から500』までの連続した値を一括で入力したり、1行目に『1/1から12/31』までの日付を指定して簡単に入力したりすることができます。

エクセルのオートフィルの基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】オートフィルの使い方!意外と知らない下までコピーする5つの方法で詳しく解説しています。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】オートフィルで大量の連続データ入力するには?

エクセルのオートフィルで大量の連続データを簡単に入力するには、フィル機能の『連続データの作成』を使います。

ここでは、大量の連続したデータを入力する方法と、日付や曜日を入力する方法を順番に解説します。

大量の連続したデータを一瞬で入力

それでは、『1』から『500』までの連続データ列方向に入力してみましょう。

セルA1に連続データの基準となる、『1』を入力します。

[ホーム]-[フィル]の『連続したデータの作成』を選択
[ホーム]-[フィル]の『連続したデータの作成』を選択
  1. 『1』を入力したセルA1を選択
  2. [ホーム]タブを選択
  3. [フィル]を選択
  4. 『連続データの作成』を選択

『連続データの作成』ダイアログボックスが表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

『範囲』『種類』『停止値』を設定
『範囲』『種類』『停止値』を設定
  1. [範囲]-[列]を選択
  2. [種類]-[加算]を選択
  3. [停止値]-[500]を入力
  4. [OK]を選択
指定した通りの大量データを入力
指定した通りの大量データを入力

セルA1の『1』を基準とした『500』までの連続データを、指定した列方向に入力できましたね。

このように、大量の連続データを一瞬で入力することができます。

『連続データの作成』の設定では、増分や停止値の変更が簡単に行えます。

『連続したデータの作成』ダイアログボックスの説明
『連続したデータの作成』ダイアログボックスの説明

『連続データの作成』の各名称の説明は、下記の通りです。

番号名称説明
範囲連続データを入力する方向(行か列)を選択する
種類連続データの種類を選択する
増分値連続データの増量する値を指定する
停止値連続データを停止する値を指定する

『連続データの作成』の『増分値』と『停止値』は、負の数も指定できるよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

日付や曜日も簡単入力

大量の日付データも簡単にフィル機能で入力できます。

それでは、『1/1』から『12/31』までの連続した日付を列方向に入力してみましょう。
(ここでは、2022年1月1日から2022年12月31日を入力しています。)

セルA1に連続データの基準となる、『1/1』を入力しておきます。

[ホーム]-[フィル]の『連続したデータの作成』を選択
[ホーム]-[フィル]の『連続したデータの作成』を選択
  1. 『1/1』を入力したセルA1を選択
  2. [ホーム]タブを選択
  3. [フィル]を選択
  4. 『連続データの作成』を選択
『範囲』『種類』『停止値』を設定
『範囲』『種類』『停止値』を設定

『連続データの作成』ダイアログボックスが表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

  1. [範囲]-[列]を選択
  2. [種類]-[日付]を選択
  3. [停止値]-[12/31]を入力
  4. [OK]を選択
指定した通りの大量の日付を入力
指定した通りの大量の日付を入力

セルA1の『1/1』を基準とした『12/31』までの連続した日付を、指定した列方向に入力できましたね。

このように、大量の日付データを一瞬で入力することができます。

また、曜日もオートフィルで表示したい場合は、セルの書式設定でユーザー定義を追加しましょう。

ここでは、『1月1日(土)』と曜日を表示する、ユーザー定義を追加します。

曜日を表示する表示形式を追加
曜日を表示する表示形式を追加
  1. セルA1に『1/1』と入力し、そのままセルA1を右クリック
  2. 『セルの書式設定』を選択
『m"月"d"日"(aaa)』を入力
『m”月”d”日”(aaa)』を入力
  1. [表示形式]タブを選択
  2. 『ユーザー定義』を選択
  3. 『種類』を『m”月”d”日”』から『m”月”d”日”(aaa)』に変更
  4. [OK]を選択

ユーザー定義の設定が完了したら、再度『連続データの作成』を設定します。

指定した通の日付と曜日を入力
指定した通の日付と曜日を入力

『1月1日(土)』から『12月31日(土)』が一瞬で入力できましたね。

このように、大量の曜日もオートフィルで入力することができます。

曜日を表示する表示形式を、下記にいくつか紹介します。

文字列表示形式
(aaa)(月)、(火)、(水)…
aaa月、火、水…
aaaa月曜日、火曜日、水曜日…
dddMon、Tue、Wed…
ddddMonday、Tuesday、Wednesday…

ユーザー定義で表示形式を追加するだけで、日付と曜日が一瞬で表示できるのは、とても便利だね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

オートフィルで大量データも簡単入力!!

今回は、オートフィルで大量の連続データを入力する方法について、解説しました。

オートフィルで大量の連続データを入力する場合は、フィル機能の『連続データの作成』を使うと、便利だということが分かりましたね。

数値以外にも、日付や曜日まで、簡単に大量の連続データを入力することができます。

あらかじめ決まっている、大量の連続データをオートフィルする場合は、ドラッグ操作の前にフィル機能の『連続データの作成』を使ってみましょう。

最後に、オートフィルで大量の連続データを入力する簡単ステップについて、おさらいします。

おさらい

【1から500までを入力する場合】

  1. 連続データの先頭となるセルを選択
    (ここでは先頭セルに『1』を入力しておく)
  2. [ホーム]タブ-[フィル]の『連続データの作成』を選択
  3. [範囲]-[列]、[種類]-[加算]を選択
  4. [停止値]-[500]を入力
  5. [OK]を選択

オートフィルする場合は、ドラッグ操作でデータを入力する方法と、『連続データの作成』機能を使って大量のデータを入力する方法を使い分けるといいですね。

エクセルのオートフィルの基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】オートフィルの使い方!意外と知らない下までコピーする5つの方法で詳しく解説しています。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事