印刷

【エクセル】印刷範囲を設定して必要な部分だけ印刷する方法を解説!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
表を作成したけど、一部分だけを印刷したいな。必要な部分だけ印刷ってできるのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そういう時は、エクセルの『印刷範囲』を設定するといいよ!必要な部分だけ印刷して見栄え良くしてみよう!

今回は印刷範囲の設定を行い、必要な部分だけ印刷します。

データを作成して印刷しないでよい部分があった場合、新たにデータの作成をしなくてすみます。

印刷範囲の設定をする簡単ステップ

①印刷したい必要な部分を選択する
②印刷範囲の設定を押す

この簡単ステップのみで、印刷範囲の設定をおこなえます。

必要な部分のみを印刷してみましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルの便利な機能【印刷範囲】とは?

『印刷範囲』とは、名前の通り、印刷範囲を設定することができます。

社員名簿を例に見てみましょう。

プレビュー画面で確認すべてのページが印刷される画面

↑普段、印刷する場合は、すべてのページが印刷されます。

しかし、印刷したい必要な部分は限られている。

そんな時に役立つ機能です。

必要な部分『社員IDと氏名だけ』を印刷することができます。

必要な部分のみ印刷必要な部分のみ印刷

↑印刷範囲を設定し『社員IDと氏名』だけの印刷プレビューになります。

すべての印刷はしなくて必要な部分だけの場合に使ってみましょう。



印刷範囲の設定をして必要な部分だけ印刷しよう

印刷範囲の設定は、とっても簡単です。

まず、印刷したい資料やデータ、表など開きます。

社員名簿を印刷社員名簿を印刷

↑今回は『社員名簿』を使います。

社員名簿の『社員ID』と『氏名』だけを印刷してみましょう。

印刷範囲を選択印刷範囲を選択

↑印刷したい『社員ID』と『氏名』をセルで囲みます。

ページレイアウトタブを選択ページレイアウトタブを選択

↑ページレイアウトタブを選択します。

印刷範囲の設定印刷範囲の設定

↑印刷範囲の▼を押し、『印刷範囲の設定』を押しましょう。

名前ボックス名前ボックス

↑現段階の見た目では変化はないように思いますが、名前ボックスには『Print_Area』と表示されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
名前ボックスの『Print_Area』は、選択しているセルが印刷範囲だよ!って教えてくれているね!

では、印刷プレビュー画面を確認してみましょう。

印刷プレビュー画面は『Ctrl+P』のショートカットキーで確認できます。

ショートカットキー『Ctrl+P』については【エクセルのショートカットキー】印刷プレビュー画面を開く「Ctrl+P」こちらも参考にしてみてくださいね。

必要な部分のみ印刷必要な部分のみ印刷

↑印刷プレビュー画面で確認すると、必要な部分『社員ID』と『氏名』だけが印刷できるようになっています。

とても簡単に設定することができました。



印刷範囲の解除の方法

次に、印刷範囲の解除の方法を解説します。

解除も、とっても簡単です。

印刷範囲の設定がされたデータ印刷範囲の設定がされたデータ

↑印刷範囲の設定をしたデータを開きます。

アクティブセルはどこでもOKアクティブセルはどこでもOK

↑印刷範囲の設定をした部分『社員ID』と『氏名』のセルを選択しなくても構いません。

例えばセルA1『社員名簿』を選択します。

印刷範囲のクリア印刷範囲のクリア

↑ページレイアウトタブの印刷範囲▼を押し、『印刷範囲のクリア』を押します。

プレビュー画面で確認プレビュー画面で確認

↑『Ctrl+P』を押し、印刷プレビュー画面を確認しましょう。

とても簡単に印刷範囲の設定が解除され、社員名簿全体が印刷されるようになりました。



必要な部分を一度だけ印刷する方法

印刷範囲の設定は、設定を解除するまでずっと印刷範囲が決まっています。

では、『一度だけ』必要な部分を印刷する方法も紹介します。

印刷したいセルを選択印刷したいセルを選択

↑印刷したい『社員ID』と『氏名』をセルで選択します。

プレビュー画面プレビュー画面

↑『Ctrl+P』で、印刷プレビュー画面を開きましょう。

まだ社員名簿のすべてが入った状態のプレビュー画面ですね。

作業中のシートを選択作業中のシートを印刷

↑設定『作業中のシートを印刷』の▼を押します。

選択した部分を印刷選択した部分を印刷

↑『選択した部分を印刷』を選択します。

先ほど、セルで囲んだ『社員ID』と『氏名』だけが印刷できる状態になりました。

作業中のシートに印刷へ戻す作業中のシートを印刷へ戻す

↑印刷が終わったら『選択した部分を印刷』を『作業中のシートを印刷』に戻しておきましょう。



まとめ

必要な部分だけを印刷する『印刷範囲の設定』を解説しました。

必要な部分を選択し、印刷範囲の設定を押すだけの簡単設定でした。

解除も、クリアを押すだけです。

そして、設定をせずに選択したセルの範囲だけを印刷する方法も簡単にできました。

印刷する範囲を選択できるので、必要な部分だけのデータを作り直す必要もなく、作業効率があがります。

ぜひ使ってみてくださいね。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。