ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】開いているウィンドウを一覧表示する「Alt+Tab」

タイトル

開いている全てのウィンドウを一覧表示するショートカットキー【Alt+Tab】を紹介します。

エクセル作業中に、たくさんのウィンドウを開いていると、見たいウィンドウを探すのも一苦労です。

でも【Alt+Tab】のショートカットキーを使えば、開いているウィンドウを一覧で確認できます。

Tabを押して開きたいウィンドウを選択できます。

さっそく試してみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Alt+Tabオルト + タブ

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

開いているウィンドウを一覧表示させるショートカットキーの手順

エクセル作業中に、他のデータを確認しないといけなくなりました。

マウスで1個1個見ていたら大変です。

ショートカットキー【Alt+Tab】でウィンドウの一覧を表示してみましょう。

オルトの場所オルトの場所

↑「Alt」はスペースキーを挟んで左右にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Alt」で解説します。

オルトとタブの場所オルトとタブの場所

↑「Alt」を押した状態のままで「Tab」を押します。

「Alt」と「Tab」は同時には押せません。

①Altを押したまま→②Tabの順番で押しましょう。

開いているウィンドウ一覧開いているウィンドウ一覧

↑現在開いているウィンドウ全てが表示されています。

タブキーで右に移動タブキーで右に移動

↑「Tab」を押すたびに選択が移動します。

開きたいものを選ぶ開きたいものを選ぶ

↑開きたいウィンドウを選択し、Alt+Tabキーから手を離すとウィンドウが大きく表示されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
Alt→Tabの順番で押さないとウィンドウの一覧は見れないよ!同じキーでもTab→Altでは意味が変わってくるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。