使い方

エクセルのテーブルにデータを追加しよう!行や列の追加方法を解説!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルのテーブル機能は、自動でデータが追加できるって聞いたけど、どういうことかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そうなんだよ。テーブル機能は、自動でデータを追加できるよ!どんな風に追加されるのかくわしく解説するね!

今回は、エクセルのテーブルでデータを追加する方法について解説します。

テーブルを追加するには
  • テーブルの最後の行の下に項目などのデータを入力する
  • テーブルの最後の列の右側に項目などのデータを入力する

項目などのデータを追加するだけで、『テーブル機能』が追加されます。

本文では、くわしい追加方法を画像などを使って解説します。

テーブルの使い方やくわしい内容は、こちら≫エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!エクセルデータは行や列が増えると情報が見えづらい。そんな時は【テーブル】機能を使うとデータが見やすくなります。データに交互に色を付けたり、フィルターを自動で設置してくれます。さらに集計や解除など、基礎から応用までテーブル機能徹底解説するので、参考にしてみてください。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのテーブルにデータを追加する

エクセルのテーブルにデータを追加する方法について解説します。

まずはエクセルのテーブル機能を設定したデータを使います。

テーブル機能を設定する方法については、こちら≫エクセル【テーブル】とは?機能や基礎から応用を徹底解説!でくわしく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

テーブル機能を設定した表

今回は、テーブル機能を設定したフルーツ売上表を使います。

次の項目より、テーブルにデータを追加する方法を紹介します。

1 2
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。