使い方

【エクセルのおすすめ便利技】”選択範囲内で中央”のセル結合

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで作成したデータがあるんだけど、列ごと削除しようとすると『この操作は結合したセルには行えません。』って表示されて削除できなかったよ。
エクセル初心者
エクセル初心者
結合してるデータって、コピペとかもできなかったりするよね。
結合してると見栄えがいいと思ったんだけどなぁ…。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
結合して見栄えを良くする資料データと、結合せずに使用する管理データって考えてみてはどうかな。案内状や請求書などのデータは、見た目を意識するから結合を使うのは僕的にはOK!売上データや顧客管理簿などのデータは編集とか色々したいから結合しないかな。それでも結合したいときは『結合してる風に見えるデータ』を作成してみよう!

今回は、結合しているように見えるデータを作成する方法を解説します。

結合すると見栄えが良くなり、すっきりとする便利な機能ですが、データによっては様々な結合の問題点もあります。

それでも結合したいなら『選択範囲内で中央』にすると良いでしょう。

結合風簡単ステップ
  1. 結合したいセルを選択する
  2. セルの書式設定の配置を開く
  3. 横位置を『選択範囲内で中央』を選択する

以上3ステップで簡単に結合しているようなデータを作成することができます。

この方法であれば、編集もしやすく、見栄えも良いデータになります。

次項より詳しい解説になるので、ぜひ読み進めてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。