【エクセルのおすすめ便利技】”選択範囲内で中央”のセル結合

3 min 406 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで作成したデータがあるんだけど、列ごと削除しようとすると『この操作は結合したセルには行えません。』って表示されて削除できなかったよ。

エクセル初心者

エクセル初心者

結合してるデータって、コピペとかもできなかったりするよね。 結合してると見栄えがいいと思ったんだけどなぁ…。

結合して見栄えを良くする資料データと、結合せずに使用する管理データって考えてみてはどうかな。案内状や請求書などのデータは、見た目を意識するから結合を使うのは僕的にはOK!売上データや顧客管理簿などのデータは編集とか色々したいから結合しないかな。それでも結合したいときは『結合してる風に見えるデータ』を作成してみよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、結合しているように見えるデータを作成する方法を解説します。

結合すると見栄えが良くなり、すっきりとする便利な機能ですが、データによっては様々な結合の問題点もあります。

それでも結合したいなら『選択範囲内で中央』にすると良いでしょう。

結合風簡単ステップ
  1. 結合したいセルを選択する
  2. セルの書式設定の配置を開く
  3. 横位置を『選択範囲内で中央』を選択する

以上3ステップで簡単に結合しているようなデータを作成することができます。

この方法であれば、編集もしやすく、見栄えも良いデータになります。

次項より詳しい解説になるので、ぜひ読み進めてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルで結合するときの難点

エクセルでの結合は、見栄えを良くしたり、すっきりとしたデータを作成することができます。

請求書
請求書

↑この請求書では『A3セル』や『B9セル』などは結合しています。

結合を使い見栄えよく、すっきりとさせています。

この請求書では、結合による『難点』はありません。

VLOOKUP関数や、セルの参照も問題ないデータになります。

結合されたセル
結合されたセル

↑フルーツ売上データにも『未入荷』を結合しているセルがあります。

C2:C17のパイナップルだけを選択し、コピーしてみましょう。

選択がうまくいかない
選択がうまくいかない

↑しかし、1月15日のりんごと結合されているので、選択範囲がB2:C17になってしまいます。

結合されていると、好きな範囲を選択しづらくなるね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

降順
降順

↑日付を降順で並び替えてみましょう。

エラーメッセージの表示
エラーメッセージの表示

↑『この操作を行うには、すべての結語セルを同じサイズにする必要があります。』と表示されました。

未入荷をフィルター
未入荷をフィルター

↑パイナップルの未入荷をフィルターしてみましょう。

未入荷がフィルターできた!
未入荷がフィルターできた!

↑1月20日の未入荷が表示されました。

結合セルはフィルターから漏れていた…
結合セルはフィルターから漏れていた…

↑戻してみると、結合している1月15日も未入荷ですが、フィルターから漏れていたことが分かります。

結合での難点がいくつか見えてきたね。 データによっては、結合を使ったり、使わなかったりと考えたほうがいいよね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセル便利技『選択範囲内で中央』とは?

結合してるのに編集がしやすいデータを作成してみましょう。

実際には、結合していません。

『結合しているように見える』そんなデータになります。

『選択範囲内で中央』の結合する方法

商品データを使い解説していきましょう。

BデータをAデータのようにしよう
BデータをAデータのようにしよう

↑Aデータは何か所か、結合されています。

Bデータの見た目をAデータのようになるように作成します。

セルを選択
セルを選択

↑D12:E12を選択し、セルの書式設定ダイアログボックスを開きましょう。

セルの書式設定ダイアログボックスはショートカットキー『Ctrl+1』で開くことができます。

セルの書式設定
セルの書式設定

↑配置タブから横位置のリストを開き『選択範囲内で中央』を選択しOKを押します。

結合しているように見える
結合しているように見える

↑結合していませんが、見た目は結合しているように見えますね。

F4で繰り返し設定
F4で繰り返し設定

↑同じようにD13:E13も『選択範囲内で中央』に設定しましょう。

同じ操作を繰りかえすのでショートカットキー『F4』を押すと『選択範囲内で中央』になります。

まるで結合しているようなBデータの完成
まるで結合しているようなBデータの完成

↑Aデータのように結合しているように出来上がりました。

入力も簡単
入力も簡単

↑パイナップルの輸入産地が『台湾』に変わった場合などは、E13セルを選択し『台湾』と入力します。

バナナの『フィリピン』は自動的にD13セルの中央寄せになりました。

実際には結合されていないので編集することが簡単になります。

見た目は結合でも、中身は違う
見た目は結合でも、中身は違う

↑選択範囲の左側のセルの値を中央寄せで表示しているので、右側のセルは空白となります。

便利な『選択範囲内で中央』で結合の注意点

セルの結合をしているように見える『選択範囲内で中央』は、いかがだったでしょうか。

選択範囲内で中央にすると、実際には結合されていないので、各セルを選択することができます。

そのため編集もしやすくなります。

しかし、フィルターは絞り込めないので注意しましょう。

フィルターで絞れない
フィルターで絞れない

↑パイナップルの国産産地はフィルターでは表示されません。

実際のE12セルは空白だからです。

『結合』や『結合のように見える選択範囲内で中央』は、そのデータに必要かどうか考えてみて設定しましょう。

結合ありと結合なし
結合ありと結合なし

↑Bデータの各セルに値を入力しました。

資料として使うならAデータ、商品管理として使うならBデータ。と用途で見た目も変えてみてはいかがでしょうか。

『結合』や『結合のように見える選択範囲内で中央』は、そのデータに必要かどうか考えてみて設定してみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事