ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】セルの表示形式を『日付』にする「Ctrl+Shift+3」

タイトル

セルは、もともとの表示形式は【標準】になっています。

日付をスラッシュで入力すると表示形式は『ユーザー定義』になります。

【Ctrl+Shift+3】を押すだけでスラッシュの日付は表示形式が『日付』になります。

エクセルでセルの表示形式を『日付』に変更するショートカットキー【Ctrl+Shift+3】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Shift+3コントロール + シフト + 3

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

セルの表示形式を日付にするショートカットキーの手順

標準の表示形式標準の表示形式

↑何も入力していないセルは『標準』の表示形式になります。

『6/20』と入力してみましょう。

ユーザー定義ユーザー定義

↑『6月20日』に変換されました。

そして表示形式は『ユーザー定義』に変わりました。

コントロールとシフトの場所コントロールとシフトの場所

↑ショートカットキー【Ctrl+Shift+3】を押して表示形式を『日付』に変えましょう。

【Ctrl】と【Shift】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Ctrl】と【Shift】で解説します。

コントロールとシフトと3の場所コントロールとシフトと3の場所

↑【Ctrl】と【Shift】を押した状態のままで【3】を押します。

【Ctrl】と【Shift】と【3】は同時には押せません。

①【Ctrl】を押したまま→②【Shift】を押したまま→③【3】の順番で押しましょう。

表示形式が日付表示形式が日付

↑表示形式が『日付』になり『2019/6/20』になりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルでは表示形式を使用して、さまざまな操作を行うことができるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。