使い方

【エクセル】プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作成方法

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルのプルダウンリストを作りたいんだけど、どうすればいいのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルのプルダウンリストを作成する方法は、とても簡単だよ!画像もたくさん使ってくわしく解説するね!

今回は、エクセルのプルダウンリストを作成する方法について解説します。

エクセルのプルダウンリストは、ドロップダウンリストとも呼ばれています。

どちらも同じことを指しているので、今回は『プルダウンリスト』で統一し解説します。

プルダウンリストを作成するには
  • プルダウンリストを空いているセルに作成する方法
  • プルダウンリストを直接入力する方法

今回は、上記の2通りを紹介しますが、どちらの方法も最終的な『見え方』は同じです。

手順が違うので、覚えやすい方を活用してください。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!エクセルの便利な機能『プルダウンリスト』について解説します。プルダウンリストとは、入力できる値が決まっています。入力できる値はリストから選択できるので、入力ミスなども防ぐことができ、入力する手間も省くことができます。プルダウンリストの作成方法や、編集・追加、削除、そして応用なども紹介します。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのプルダウンを作成する方法

今回は『社員名簿』のデータにプルダウンリストを作成してみましょう。

プルダウンリストプルダウンリスト

↑部署の欄に『総務部』と『製造部』と『営業部』のプルダウンリストを作成します。

セルを選択すると、右下に下向き矢印が表示されます。

下向き矢印をクリックすると『総務部』と『製造部』と『営業部』が表示されます。

この3つの部署から選びクリックすると、セルに部署名が入力されます。

手入力する必要がなくなるので、入力ミスも防ぐことができます。

次の項目より、プルダウンリストを作成する方法を紹介します。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。