使い方

エクセル【プルダウンリストの連動】3段階で設定してみよう!

エクセル初心者
エクセル初心者
プルダウンリストで、リストを絞り込んでいく3段階の連動したプルダウンを作りたいんだけど、どうすればいいかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
プルダウンリストを連動させるんだね!3段階のリストを作成する方法を解説するね!

今回は、3段階の連動したプルダウンリストを作成する方法について解説します。

3段階連動したプルダウンの作成
  1. プルダウンリストを作成
  2. 2~3段階のプルダウンリストはINDIRECT関数を使う

3段階や複数の連動したプルダウンリストを作成する場合、INDIRECT(インダイレクト)関数を使うと、とても便利です。

リストを絞り込んでいくプルダウンリストを作成して効率アップを目指しましょう。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!エクセルの便利な機能『プルダウンリスト』について解説します。プルダウンリストとは、入力できる値が決まっています。入力できる値はリストから選択できるので、入力ミスなども防ぐことができ、入力する手間も省くことができます。プルダウンリストの作成方法や、編集・追加、削除、そして応用なども紹介します。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのプルダウンリストを連動させるINDIRECT関数

今回、3段階のプルダウンリストを作成するために『INDIRECT(インダイレクト)関数』を使って間接的にセルを参照します。

INDIRECT関数とは

=INDIRECT(参照文字列, 参照形式)

意味:参照文字列をもとにセルを間接的に参照します。参照形式は省略が可能です。

このINDIRECT(インダイレクト)関数を使うことで、最初に選択したリストから、次に選択するリストを絞り込むことができるので、ぜひチェックしてみてください。

今回、紹介する3段階のプルダウンリストの出来上がりイメージを紹介します。

3段階のプルダウンリスト3段階のプルダウンリスト

↑【部署】をプルダウンリスト『総務部・製造部・営業部』から選択します。

例えば『総務部』を選択すると、【課】のプルダウンリストには『総務課・人事課・経理課』が表示されます。

そして、人事課を選択すると【担当】のプルダウンリストには『大山・栗本』が表示されるようになります。

このように、連動させることで選べるリストを絞りこみ、無駄なリストを表示させません。

大量のプルダウンリストの中から、選択したいリストを探す手間も省ける、とても便利な機能です。

次の項目より、3段階の連動するプルダウンリストを作成してみましょう。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。