エクセル【プルダウンリストの連動】3段階で設定してみよう!

4 min 1,549 views
エクセル初心者

エクセル初心者

プルダウンリストで、リストを絞り込んでいく3段階の連動したプルダウンを作りたいんだけど、どうすればいいかな?

プルダウンリストを連動させるんだね!3段階のリストを作成する方法を解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、3段階の連動したプルダウンリストを作成する方法について解説します。

3段階連動したプルダウンの作成
  1. プルダウンリストを作成
  2. 2~3段階のプルダウンリストはINDIRECT関数を使う

3段階や複数の連動したプルダウンリストを作成する場合、INDIRECT(インダイレクト)関数を使うと、とても便利です。

リストを絞り込んでいくプルダウンリストを作成して効率アップを目指しましょう。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのプルダウンリストを連動させるINDIRECT関数

今回、3段階のプルダウンリストを作成するために『INDIRECT(インダイレクト)関数』を使って間接的にセルを参照します。

ポイント!

INDIRECT関数とは

=INDIRECT(参照文字列, 参照形式)

意味:参照文字列をもとにセルを間接的に参照します。参照形式は省略が可能です。

このINDIRECT(インダイレクト)関数を使うことで、最初に選択したリストから、次に選択するリストを絞り込むことができるので、ぜひチェックしてみてください。

今回、紹介する3段階のプルダウンリストの出来上がりイメージを紹介します。

3段階のプルダウンリスト
3段階のプルダウンリスト

↑【部署】をプルダウンリスト『総務部・製造部・営業部』から選択します。

例えば『総務部』を選択すると、【課】のプルダウンリストには『総務課・人事課・経理課』が表示されます。

そして、人事課を選択すると【担当】のプルダウンリストには『大山・栗本』が表示されるようになります。

このように、連動させることで選べるリストを絞りこみ、無駄なリストを表示させません。

大量のプルダウンリストの中から、選択したいリストを探す手間も省ける、とても便利な機能です。

次の項目より、3段階の連動するプルダウンリストを作成してみましょう。

プルダウンリストの連動『3段階』の手順【リスト作成】

3段階の連動するプルダウンリストを作る手順を解説します。

まずはプルダウンリストの『リスト』を作成します。

リストの作成
リストの作成

↑空いているセル、または別シートに『リスト』を作成しましょう。

F列からP列までに、リストを作成しました。

総務部には『総務課・人事課・経理課』
製造部には『製造課・製造管理課』
営業部には『営業1課・営業2課・営業3課』
総務課に在籍している人は『大内・土谷』
人事課に在籍している人は『大山・栗本』
経理課に在籍している人は『南・山岡』  ・・・などなど

それぞれのリストを細かくわけています。このリストが、絞り込んでいくリストになります。

名前ボックス
名前ボックス

↑次に、リストに名前をつけていきます。

総務部のF2セルからF4セルを選択し、左上の名前ボックスに『総務部』と名前を付けましょう。

すべてのリストに名前を付けてください。

B列にプルダウンリスト
B列にプルダウンリスト

↑B列の部署にプルダウンリストを作成します。

部署欄には、データの入力規則の『元の値』に直接、『総務部,製造部,営業部』のリストを入力しました。

B列のプルダウンリスト完成
B列のプルダウンリスト完成

↑部署のプルダウンリストで『総務部・製造部・営業部』を選べるようになりました。

プルダウンリストを作成するくわしい手順は、こちら≫【エクセル】プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作成方法で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

次の項目では、プルダウンリストの2段階目を作成します。

プルダウンリストの連動『3段階』の手順【2段階目を作成】

C列のプルダウンリスト
C列のプルダウンリスト

↑C列の課にプルダウンリストを作成します。

C3セルからC9セルを選択し、データの入力規則ダイアログボックスを開きます。

インダイレクト関数の入力
インダイレクト関数の入力

↑入力値の種類は『リスト』にします。

元の値に『=INDIRECT(B3)』を入力しOKを押しましょう。

2段階のプルダウンリスト完成
2段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『総務部』で選択した場合、課のプルダウンリストには『総務課・人事課・経理課』が表示されました。

2段階のプルダウンリスト完成
2段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『製造部』で選択した場合、課のプルダウンリストには『製造課・製造管理課』が表示されました。

2段階のプルダウンリスト完成
2段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『営業部』で選択した場合、課のプルダウンリストには『営業1課・営業2課・営業3課』が表示されました。

リストが絞られて、選びやすくなるね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次の項目では、3段階目のプルダウンリストを作成し完成します。ぜひ参考にしてみてください。

プルダウンリストの連動『3段階』の手順【3段階目を作成】

D列のプルダウンリスト
D列のプルダウンリスト

↑D列の課にプルダウンリストを作成します。

D3セルからD9セルを選択し、データの入力規則ダイアログボックスを開きます。

インダイレクト関数の入力
インダイレクト関数の入力

↑入力値の種類は『リスト』にします。

元の値に『=INDIRECT(C3)』を入力しOKを押しましょう。

3段階のプルダウンリスト完成
3段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『総務部』、課を『総務課』で選択した場合、担当のプルダウンリストには『大内・土谷』が表示されました。

3段階のプルダウンリスト完成
3段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『総務部』、課を『人事課』で選択した場合、担当のプルダウンリストには『大山・栗本』が表示されました。

3段階のプルダウンリスト完成
3段階のプルダウンリスト完成

↑部署を『総務部』、課を『経理課』で選択した場合、担当のプルダウンリストには『南・山岡』が表示されました。

このように、他の部署や課も選択したリストを絞り込んで、プルダウンリストが表示されるようになります。

INDIRECT(インダイレクト)関数を使って間接的にセルを参照することがでたね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのプルダウンリストを連動させる便利技

INDIRECT(インダイレクト)関数を使うことで、プルダウンリストに表示されるリス地内容が変更されます。

とても便利なプルダウンリストをINDIRECT(インダイレクト)関数を使って、さらに便利で効率のよい作業ができるようになります。

ぜひ参考にしてください。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事