図形

エクセルで図形や画像を透過する方法を解説!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
丸の図形を重ねて資料を作りたいんだけど、良い感じに丸の色を薄くしたいなぁ。丸が合わさってるのが分かりやすい方がいいんだけど、どんな方法があるかなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
透過した画像をデータの背景にちょっと入れたいな。文字だけより印象が変わって、見やすくなりそうな気がするの。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
それぞれの解決方法として『透過』をお勧めするよ!エクセルで透過するときは図形や画像の透明度を調整するよ!とても簡単なのでやってみよう!

今回は、図形や画像を透き通るようにする『透過』をしてみましょう。

図形の透過簡単ステップ

①図形を挿入する
②図形の書式設定を開く
③塗りつぶしから透明度の調整をする

この3ステップで図形は透過できます。

画像は『図の書式設定』になるので、詳しくは本文で解説しますね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルで図形や画像を透過するには?

まず透過した図形と画像を確認しましょう。

透過の画像透過の画像

↑エクセルのシートに入力している文字や、目盛り線が透けて見えます。

このように透き通る状態にしているのが透過です。

透過は図形であれば『図形の書式設定』から。

画像であれば『図の書式設定』から、それぞれ設定できます。

まずは下記項目より図形から透過してみます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『図形の書式設定』や『図の書式設定』では、他にも様々な設定が出来るよ!エクセルって便利だね!



エクセルで図形を透過しよう!

売り上げ表売り上げ表

↑『りんごとキウイフルーツの売上表』があります。

りんごの売り上げと、キウイフルーツの売り上げ、そしてりんごとキウイフルーツを一緒に買われてる売り上げが表になっています。

図形を使ってデータを見やすくしてみましょう。

標準の図形標準の図形

↑挿入タブから『図形』をクリックして丸を選択します。

大小の丸大小の丸

↑大小の丸の図形を2個挿入します。

小さい方に『キウイフルーツ』大きい方に『りんご』と文字を入力しましょう。

図形への文字の入力についてはこちら≫エクセルで図形の中に文字を入れる方法!自由に文字の配置もしてみよう!を参考にしてみてください。

りんごを右クリックりんごを右クリック

↑りんごの図形を右クリックします。

どちらの図形でもかまいませんが、まずはりんごから。

図形の書式設定をクリックしましょう。

図形の書式設定図の書式設定

↑『塗りつぶしと線』の塗りつぶしを開きます。

透明度と色の変更透明度と色の変更

↑『透明度』を60%にしてみましょう。

色も『赤』に変えましょう。

透明度と色の変更透明度と色の変更

↑キウイフルーツの図形をクリックします。

同じように図形の書式設定の『塗りつぶし』から透明度を60%に設定します。

色は『緑』に変えました。

重なる部分重なる部分

↑図形が透過されているので、重なっている部分が見えて分かりやすいですね。

この図形では、重なっている部分は『りんごとキウイフルーツをセットで購入されている』ことが見て分かります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
図形を透過することで、資料作成などさまざまな場面でとても役立つね!



エクセルで画像を透過しよう!

画像を透過してみましょう。

officeだよりofficeだより

↑『officeフルーツだより』に夏っぽい画像を挿入しましょう。

画像の挿入画像の挿入

↑挿入タブから『画像』を選択します。

今回は『ひまわり』を選択し、挿入します。

ひまわりの画像挿入ひまわりの画像挿入

↑挿入されたひまわりの画像を大きく広げます。

白い丸白い丸

↑画像をクリックすると上下左右と角に白い丸が表示されます。

角の白い丸にマウスを合わせてドラッグアンドドロップすると、画像の拡大縮小ができます。

上下左右の白い丸に合わせると、幅や高さだけを変更できます。

ひまわりの画像でいっぱいひまわりの画像でいっぱい

↑文面に画像がすっぽり重なり、何も見えない状態です。

画像を右クリック画像を右クリック

↑画像を右クリックします。

『図の書式設定』を選択しましょう。

図の書式設定図の書式設定

↑『図の書式設定』の『図』を選び、『図の透明度』を開きます。

透過の調整透過の調整

↑透明度を85%にしてみましょう。

印刷プレビュー画面印刷プレビュー画面

↑印刷プレビュー画面で確認してみます。

印刷プレビュー画面へのショートカットキーは【Ctrl+P】です。

うっすらと、ひまわりの画像が入っていて可愛らしい便りになりました。

画像なし印刷プレビュー画面画面なし印刷プレビュー画面

↑何も画像が入っていない方と見比べてみましょう。

いかがでしょうか?

このように、画像も簡単に透過してデータに挿入することができます。

ぜひ使ってみてくださいね。



まとめ

今回は、図形と画像の透過について解説しました。

透過の設定の『透明度』は0%~100%まであり、微妙な調整も行えます。

図形は『図形の書式設定』から。

画像は『図の書式設定』から。

それぞれとても簡単に設定できました。

ぜひ透過を使って、データを見やすくしてみてください。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。