楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

エクセルのチェックボックスの集計方法

3 min 9,787 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルでチェックボックスを集計したいな。『✔』の数を数えるのって大変なんだよね。

チェックボックスの集計方法を紹介するね!関数を使って簡単に『✔』を集計できるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、チェックボックスの『✔』を集計する方法について解説します。

チェックボックスが大量にあっても、簡単に集計できるので安心してくださいね。

チェックボックスを集計するには
  1. チェックボックスにリンクするセルを設定する
  2. カウントイフ関数で集計する

たった2ステップで集計ができます。

ほかにもチェックボックスのさまざまな機能については、『エクセルでチェックボックスを作成する方法』でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらの記事は下記の動画でも解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのチェックボックスを集計する方法とは

チェックボックスの集計をするには、2つのステップがあります。

  • チェックボックスとセルを連動させて『TRUE』と『FALSE』を表示させる
  • 『TRUE』と『FALSE』を利用してカウントイフ関数で集計する

このような流れになります。

下記画像はチェックボックスを集計したデータの完成形です。

チェックボックスの集計完成
チェックボックスの集計完成

まず、チェックボックスの作り方については、『エクセルでチェックボックスを作成する方法』を参考にしてみてください。

チェックボックスを作成して、集計をしてみましょう。

チェックボックスにリンクするセルを設定

  1. STEP

    チェックボックスに『✔』をつけると『TRUE』と表示され、チェックボックスから『✔』を消すと『FALSE』と表示されるセルを作成します。

    リンクするセルを設定
    リンクするセルを設定
    1. チェックボックスを右クリックして『コントロールの書式設定ダイアログボックス』を開く
    2. 『リンクするセル』を設定する(今回はG列を使用)
    3. OKで確定する

    リンクするセルの設定で手順などくわしく解説しているよ!参考にしてみてね!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

  2. STEP

    すべてのチェックボックスを設定
    すべてのチェックボックスを設定

    リンクするセルの設定は、すべてのチェックボックスに設定してください。

カウントイフ関数を使ってチェックボックスを集計

  1. STEP

    海外旅行の持ち物リストで、『準備できている数』と『準備できていない数』の集計を出してみましょう。

    カウントイフ関数を使う
    カウントイフ関数を使う

    E3セルを選択して、数式『=COUNTIF($G$2:$G$14,TRUE)』を入力します。

    カウントイフ関数を使い、『TRUE』と表示されているセルが何個あるか数えています。

  2. STEP

    チェック入りの集計結果
    チェック入りの集計結果

    準備できている数は『13』と表示されました。

  3. STEP

    FALSEの集計をカウントイフ関数を使って求める
    FALSEの集計をカウントイフ関数を使って求める

    『✔』を変えて、同じようにE4セルに数式『=COUNTIF($G$2:$G$14,FALSE)』を入力してみましょう。

    『FALSE』の数が表示されます。

  4. STEP

    『TRUE』と『FALSE』の集計結果
    『TRUE』と『FALSE』の集計結果

    このように、リンクするセルの設定をして『TRUE』か『FALSE』を表示することで、簡単に集計することが可能になります。

    最後にG列を非表示にすると、 『TRUE』や『FALSE』が見えなくなるからスッキリするよ!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

エクセルのチェックボックスを集計しているセルをコピーする

チェックボックスの集計が表示されるセルをコピーして、貼り付けてみましょう。

  1. STEP

    今回はD3セルからE4セルを、D9セルからE9セルにコピペします。

    集計したセルをコピぺする
    集計したセルをコピぺする

    Ctrl+Cでコピーをして、Ctrl+Vで貼り付けをします。

  2. STEP

    集計したセルのコピペ完了
    集計したセルのコピペ完了

    チェックボックスの集計をそのままコピーして貼り付けることが出来ました。

    スムーズに集計を貼り付ける事ができたのは、カウントイフ関数で範囲を絶対参照にしていたからだよ!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

    絶対参照とは『$』で参照先を固定することです。くわしくは≫エクセルの絶対参照を参考にしてみてください。

大量のチェックボックスも簡単に集計できる

チェックボックスのリンクするセルの設定は、とても便利でしたね。

『TRUE』と『FALSE』を表示するように設定すれば、大量のチェックボックスでも集計できます。

目視でひとつひとつ数えるのはとても大変です。

せっかくの便利な機能は使いこなして仕事効率をアップさせましょう。

おさらい

リンクするセルを設定するだけで『TRUE』と『FALSE』が表示されるので活用する!

  • チェックボックスとセルを連動させる
  • カウントイフ関数で集計する

リンクするセルの設定をすることで、チェックボックスに色を付けることもできるので、興味のある方はこちら『チェックボックスを塗りつぶししよう!』を参考にしてみてください。

ほかにもチェックボックスのさまざまな機能については、『エクセルでチェックボックスを作成する方法』でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エクセルのチェックボックスに関連する記事

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事