ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】右や左に移動する「Tab」

タイトル

エクセルでデータ入力する際に、右に入力していくデータだと、マウスで選択セルを移動させたり、矢印キーで移動させるのは手間がかかります。

入力して【Tab】を押して右にセルを移動させて、また入力する。

という流れはとてもスムーズで、手をキーボードから離すことなく作業できます。

今回は【Tab】で右や左に移動する方法を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Tabタブ

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

右や左に移動するショートカットキーの手順

社員名簿社員名簿

↑社員名簿の入力をしながら解説します。

この社員名簿は、1人の情報を右側のセルに入力していってます。

氏名の入力氏名の入力

↑B4に氏名『ドクターオフィス』を入力します。

入力後はTab入力後はTab

↑入力が出来たらEnterではなく【Tab】を押します。

入力確定のEnterを押すとB5の下のセルに移動してしまいますので注意しましょう。

タブの場所タブの場所

↑【Tab】を押すと選択セルが右に移動しました。

Tabを使って入力Tabを使って入力

↑ドクターと入力し【Tab】、オフィスと入力し【Tab】というように右側へ入力することが出来ます。

シフトとタブシフトとタブの場所

↑左側に移動させたい時は【Shift+Tab】で左に移動出来ます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
入力の最後にEnterを押すと、Tabを使い始めたセルの下にセルが移動するよ! 
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。