使い方

【エクセル】テキスト形式に変換して保存しよう!

エクセルデータをテキスト形式に変換して保存する

エクセルで使用できるテキスト形式には、いくつか種類があります。
今回はその中の、タブ区切りとコンマ区切りのテキスト形式に変換して保存します。

書式付きのエクセルデータ書式付きのエクセルデータ

↑まずは、上記のエクセルデータをタブ区切りのテキスト形式に変換して保存してみましょう。

[テキスト(タブ区切り)(*.txt)]として保存[テキスト(タブ区切り)(*.txt)]として保存

↑F12(ファンクションキー12)を選択し、下記の順に設定します。
名前を付けて保存するダイアログボックスの表示「F12」

  1. [ファイル名]-任意のファイル名を入力
  2. [ファイルの種類]-[テキスト(タブ区切り)(*.txt)]を選択
  3. [保存]を選択
メッセージの表示メッセージの表示

↑メッセージが表示されますが、[OK]を選択します。
エクセルデータをタブ区切りのテキスト形式に変換して保存することができました。

[CSV(コンマ区切り)(*.csv)]として保存[CSV(コンマ区切り)(*.csv)]として保存

↑次にコンマ区切りのテキスト形式に変換して保存してみます。
F12(ファンクションキー12)を選択し、下記の順に設定しましょう。
名前を付けて保存するダイアログボックスの表示「F12」

  1. [ファイル名]-任意のファイル名を入力
  2. [ファイルの種類]-[CSV(コンマ区切り)(*.csv)]を選択
  3. [保存]を選択
メッセージの表示メッセージの表示

↑こちらもメッセージが表示されますが、[OK]を選択します。
エクセルデータをコンマ区切りのテキスト形式に変換して、保存することができました。

それでは、保存された『タブ区切り』と『コンマ区切り』の2つのファイルを開いて確認してみます。

タブ区切りに変換したファイルタブ区切りに変換したファイル

↑文字のみ表示されています。

コンマ区切りに変換したファイルコンマ区切りに変換したファイル

↑こちらも文字のみ表示されています。商品コードの桁数が少ないので元のエクセル表の値と比べてデータが少し異なりますね。

ですが、どちらのファイルもフォントの大きさは一律で、表やグラフは表示されず、値の文字のみが表示されています。

このように、エクセルデータをテキスト形式に変換して保存すると、表やグラフ、書式などの装飾は保存されず、文字のみが保存されます。

次項では、TXT形式とCSV形式の簡単な違いについて解説します。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ