ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】「Esc」は選択解除、入力削除、キャンセルなどできる便利技

タイトル

とても便利な【Esc】を紹介します。

【Esc】は様々な場面で使えます。

例えばコピーの範囲を選択すると緑の点線で囲まれます。

その点線を解除するときに【Esc】を押すと解除できます。

このように、【Esc】はとても便利です。

いくつかの例と一緒に解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Escエスケープ

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択解除、入力削除、キャンセルなどするショートカットキー

【Esc】で選択解除

コピーの状態コピーの状態

↑セルA1をコピーすると緑の点線で囲われます。

コピーはCtrl+Cです。

エスケープの場所エスケープの場所

↑この点線を解除する方法は【Esc】を押すだけです。

コピーの解除コピーの解除

↑コピーの点線が解除されました。

【Esc】で入力中のセルを削除

入力中入力中

↑セルA1に「エクセルドクター」と入力している途中です。

まだ確定されていません。

エスケープの場所エスケープの場所

↑セルA1の入力をやり直すことになりました。

すべてを削除したいので【Esc】を押します。

空白の状態から入力できる空白の状態から入力できる

↑セルA1は空白セルになりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
確定した後ではEscでも削除できないよ!確定後はBackspaceやDeleteを使って削除してね!

【Esc】でダイアログボックスをキャンセル

セルの書式ダイアログボックスセルの書式ダイアログボックス

Ctrl+1で表示されたセルの書式設定ダイアログボックスです。

エスケープの場所エスケープの場所

↑【Esc】を押してみましょう。

ダイアログボックスをキャンセルダイアログボックスをキャンセル

↑ダイアログボックスの表示を簡単にキャンセルできました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
【Esc】はいろいろな場面で使える便利なショートカットキーだよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。