ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】テンキーの「NumLock」で機能の切り替え

タイトル

今回は、テンキーの【NumLock】を紹介します。

テンキーとは、キーボードの右側にある電卓のようなキーのことです。

エクセルでは表計算など数値の入力も多くなりがちです。

テンキーがあると数値入力も素早くできます。

さっそくテンキーを使ってみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

NumLockナムロック

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

テンキーの機能を切り替えるショートカットキー

テンキーの場所テンキーの場所

↑テンキーは右側の電卓のようなキーになります。

ナムロックの場所ナムロックの場所

↑【NumLock】を押すと事でONとOFFが切り替わります。

ONは数字入力ONは数字入力

↑ONの場合、テンキーとして数字の入力が出来ます。

OFFはキーに表示された機能OFFはキーに表示された機能

↑OFFの場合、テンキーの数字の下に記載している機能が使えるようになります。

7Home
8▲(上に動かす)
9Pg Up
4◀(左に動かす)
▶(右に動かす)
1End
2▼(下に動かす)
3Pg Dn
0Ins
.Del
EnterEnter

 

Dr.オフィス
Dr.オフィス
コンパクトなノートパソコンなど、もともとキーボードにテンキーがついていない場合もあるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。