ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】時間の表示形式をh:mmに変える「Ctrl+@」

タイトル

エクセルでは時刻を入力した後に、表示形式から表示の仕方を変えることが出来ます。

例えば13時30分を13:30に変更するには、マウスで表示形式のダイアログボックスを出すと設定できます。

さらに簡単に行えるのが【Ctrl+@(アットマーク)】のショートカットキーになります。

今回は【Ctrl+@】を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+@コントロール + アットマーク

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

時間の表示形式をh:mmに変えるショートカットキーの手順

出勤簿の時間を変換しよう出勤簿の時間を変換しよう

↑出勤簿で解説します。

時間が『9時00分』と『18時00分』と入力されています。

【Ctrl+@】を使い、この表示形式をh:mmの『9:00』や『18:00』に変換しましょう。

変換するするセルを選択変換するセルを選択

↑変換したいセルを選択します。

セルを1個づつ変換していては時間がかかってしまいます。

いっぺんに選択しましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとアットマークコントロールとアットマークの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「@」(アットマーク)を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②「@」(アットマーク)の順番で押しましょう。

時間の表示形式を変更完了時間の表示形式を変更完了

↑簡単にいっぺんに変更できました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
h:mmは24時間表示しかできないよ!例えば26時30分はCtrl+@をしても変化なしなんだ。24時間を超える場合は表示形式を[h]:mmで設定しないといけないよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。