MENU
使い方

エクセルのプルダウンを追加できない方必見!リストを追加する方法!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルのプルダウンリストを追加したいけど、できないよ!どうしたらいいのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルのプルダウンリストを作成した後に、リストの項目を追加したいんだね!くわしくプルダウンリストを追加する方法を解説するね!

今回は、プルダウンリストを作成した後に、項目を追加する方法について解説します。

プルダウンリストを作成して、項目がさらに増えることはよくあります。

そんな時でも、簡単にプルダウンリストを追加できるので安心してください。

プルダウンリストを追加するには
  • データの入力規則から『元の値』の範囲を広げる
  • データの入力規則の『元の値』に直接追加する

以上の2通りを紹介します。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!エクセルの便利な機能『プルダウンリスト』について解説します。プルダウンリストとは、入力できる値が決まっています。入力できる値はリストから選択できるので、入力ミスなども防ぐことができ、入力する手間も省くことができます。プルダウンリストの作成方法や、編集・追加、削除、そして応用なども紹介します。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのプルダウンリスト追加する2つの方法

エクセルのプルダウンリストを作成する方法を知りたい方は、こちら≫【エクセル】プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作成方法で確認してください。

プルダウンリストを作成するときに必ず設定するのが『データの入力規則』ダイアログボックスです。

このデータの入力規則で『元の値』に、プルダウンリストの項目を指定します。

指定の方法は、

  • 項目を入力したセルの範囲を選択する方法
  • 直接『元の値』の項目を入力する方法

の2通りです。

プルダウンリストを追加する場合も、このデータの入力規則から『元の値』を編集するだけで追加できるのです。

くわしくは画像を使って、次の項目より解説します。

とても簡単な操作です。ぜひ参考にしてみてください。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。