エクセルのプルダウンを追加できない方必見!リストを追加する方法!

3 min 585 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのプルダウンリストを追加したいけど、できないよ!どうしたらいいのかな?

エクセルのプルダウンリストを作成した後に、リストの項目を追加したいんだね!くわしくプルダウンリストを追加する方法を解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、プルダウンリストを作成した後に、項目を追加する方法について解説します。

プルダウンリストを作成して、項目がさらに増えることはよくあります。

そんな時でも、簡単にプルダウンリストを追加できるので安心してください。

プルダウンリストを追加するには
  • データの入力規則から『元の値』の範囲を広げる
  • データの入力規則の『元の値』に直接追加する

以上の2通りを紹介します。

ほかにもプルダウンリストのさまざまな機能や活用方法については、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのプルダウンリスト追加する2つの方法

エクセルのプルダウンリストを作成する方法を知りたい方は、こちら≫【エクセル】プルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作成方法で確認してください。

プルダウンリストを作成するときに必ず設定するのが『データの入力規則』ダイアログボックスです。

このデータの入力規則で『元の値』に、プルダウンリストの項目を指定します。

指定の方法は、

  • 項目を入力したセルの範囲を選択する方法
  • 直接『元の値』の項目を入力する方法

の2通りです。

プルダウンリストを追加する場合も、このデータの入力規則から『元の値』を編集するだけで追加できるのです。

くわしくは画像を使って、次の項目より解説します。

とても簡単な操作です。ぜひ参考にしてみてください。

データの入力規則から『元の値』の範囲を広げる

社員名簿のデータを使って解説します。

3つのリスト
3つのリスト

↑社員名簿の『部署』の欄はプルダウンリストが設定されています。

『総務部・製造部・営業部』に『人事部』を追加しましょう。

人事部を入力
人事部を入力

↑H4セルに『人事部』を入力し、プルダウンリストを表示するD3セルからD12セルを選択します。

データの入力規則
データの入力規則

↑データタブの『データの入力規則』をクリックすると、データの入力規則ダイアログボックスが表示されます。

現在のリスト範囲
現在のリスト範囲

↑元の値をクリックすると、現在のリスト範囲が点線で囲まれます。

現在は『H1セルからH3セル』が範囲になっています。

リスト範囲を広げる
リスト範囲を広げる

↑項目の範囲をH4セルの人事部まで囲みましょう。

OKを押してデータの入力規則ダイアログボックスを閉じます。

リストの追加完了
リストの追加完了

↑プルダウンリストを表示してみると、『人事部』も追加できていることが確認できます。

H1セルからH4セルを範囲指定しているから、部署名の順番を入れ替えてもOKだよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

次の項目では、元の値に直接リストを追加する方法を解説するので、ぜひチェックしてみてください。

データの入力規則の『元の値』に直接追加する

社員名簿の部署名に『経理部』を追加します。

経理部を追加する
経理部を追加する

↑今回は、データの入力規則の『元の値』に直接入力したプルダウンリストに追加します。

データの入力規則を開く
データの入力規則を開く

↑プルダウンリストが設定しているD3セルからD12セルを選択します。

データタブからデータの入力規則をクリックしてください。

元の値には3つのリストが入力されている
元の値には3つのリストが入力されている

↑データの入力規則ダイアログボックスが表示されました。

『元の値』には3つの部署が入力されています。

経理部を追加
経理部を追加

↑4つ目の『経理部』を半角のカンマといっしょに入力しましょう。

OKを押してデータの入力規則ダイアログボックスを閉じます。

経理部の追加完了
経理部の追加完了

↑プルダウンリストを見てみると、経理部が追加されています。

プルダウンリストの追加は、リストを用意しているか、直接入力しているかの違いだけで、とても簡単だったね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

プルダウンリストの追加は簡単便利!

今回は、プルダウンリストを追加する方法について解説しました。

リストを追加するには、データの入力規則の『元の値』がポイントになります。

  • 元の値のリスト範囲を変更する
  • 元の値に直接リストを入力する

このように、データの入力規則の『元の値』を設定することでリストを簡単に追加することができました。

ほかにもプルダウンリストを削除する方法や基本的な操作などは、こちら≫【エクセル便利技】プルダウン(ドロップダウンリスト)を活用しよう!で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事