使い方

エクセルの平均を求める方法は1つではない?基本から応用まで徹底解説!!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルでの平均の求め方について詳しく知りたいな。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
まかせて!エクセルの平均の求め方や平均値を使った便利な方法などくわしく解説するね!

今回は、エクセルの平均について解説します。

エクセルの『平均』は、最もよく使う計算の1つです。

売上平均、テスト結果の平均、身長体重の平均、など平均を扱う数値はさまざまですね。

また、状況に合った方法で平均を求めることができれば、時短につながります。

例えば、『数式なしで、早く平均値を求めたい』『一時的な平均値を知りたい』『条件に合う値を集めて平均を求めたい』と言った場合、それぞれの方法を知っていれば、作業をスムーズ進めることができますよ。

エクセルの『平均』を求める基本から応用まで
  • 平均を求めるショートカットキー
  • 平均を求める簡単な方法
  • 関数を使って平均を求める
  • 平均を四捨五入する
  • 条件指定して平均を求める
  • 平均と標準偏差を求める
  • 求めた平均値をグラフに反映する

以上の基本から応用まで、さまざまな便利技を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

また、『平均』の他にも、エクセルで使用頻度の高い計算方法があります。

エクセルで使用頻度の高い計算方法については、こちら≫【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!でくわしく解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの平均をすぐに出せるショートカットキー

エクセルで複雑ではない表計算の平均を出す場合、ショートカットキーがおすすめです。

ショートカットキーを使いこなせれば、作業がスムーズになり、時短もできますよ。

エクセルの平均をすぐに出せるショートカットキーについては、こちら≫平均を出す「Alt→M→U→A」の記事を参考にしてみてください。

タイトル
平均を出す「Alt→M→U→A」アクセスキー【Alt→M→U→A】は平均を出すことができるアクセスキーになります。平均を求めるにはAVERAGE関数を使います。このAVERAGE関数をアクセスキーで素早く、平均値を求めることができるので、ぜひ活用してください。...

エクセルの平均値の求める簡単な方法

エクセルで平均値を求める場合、数式を入力せず値を確認できる簡単な方法があります。

数式を入力するのが面倒なときや、一時的な平均値を確認したい時などに便利です。

エクセルの平均値の求め方の詳細については、こちら≫【エクセル】平均値の簡単な出し方!!数式不要な方法を2つ紹介の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】平均値の簡単な出し方!!数式不要な方法を2つ紹介今回は、エクセルで平均値の簡単な出し方について解説します。平均の値を求める数式自体は簡単ですが、『すぐに平均の値が知りたい』というような場合に、毎回数式を入力するのは面倒です。そこで、数式を入力せずに簡単に平均の値を出す2つの方法を解説します。...

エクセルの平均を関数を使って求めよう

エクセルで作成した表計算の平均を出す場合、関数を使って求めることができます。

エクセルで使える数ある関数のなかで、平均を求める関数は最初に覚えておきたい1つとも言えるので、ぜひ挑戦してみましょう。

エクセルの平均を関数で求める方法については、こちら≫【エクセル】平均を求める関数は?AVERAGE関数を徹底解説!!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】平均を求める関数は?AVERAGE関数を徹底解説!!エクセルで、平均値を求めることができる関数があります。エクセルでは表計算などのデータ集計を作成する機会が多いです。このような場合、使用頻度の高い【AVERAGE関数】は覚えておくと大変便利です。AVERAGE関数は、平均値を求めることが出来る関数になります。使用頻度が高いので、ホームタブや数式タブのオートSUMボタンからも簡単に求めることが出来ます。...

エクセルの平均を四捨五入する方法

エクセルでは、表計算で求めた平均を任意の桁で四捨五入できます。

何に対しての平均値かによって表示したい桁数は異なりますよね。

そのようなときには任意の桁で四捨五入をしましょう。

エクセルの平均を四捨五入する方法の詳細については、こちら≫【エクセル】平均を四捨五入して桁数を揃えよう!切り捨て切り上げも解説の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】平均を四捨五入して桁数を揃えよう!切り捨て切り上げも解説今回は、エクセルで求めた平均の値を四捨五入する方法について解説します。一般的に平均の値を扱う場合、割り切れない場合があると小数点以下の数字を含む表示になり、見栄えが悪くなります。そのような時は、四捨五入などの端数処理を使って、小数点以下の桁数を揃えてみましょう。...

エクセルの平均を条件指定して求める方法

エクセルで平均を求める場合、条件を指定することができます。

指定した範囲の中から条件を満たすセルを検索して、平均値を求めることができるので、例えば、月間売上表から『月曜日だけの平均を取りたい』などという場合に便利です。

エクセルの平均を条件指定して求める方法の詳細については、こちら≫【エクセル】条件付きでデータの平均を求めてみよう!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】条件付きでデータの平均を求めてみよう!今回は、エクセルの平均と条件をまとめて設定する方法について解説します。例えば、『0のデータを除く平均を出したい』とか『曜日別に平均を出したい』というように、条件を指定すると必要なデータのみの平均が出せます。そのような時に使える便利な関数について解説します。...

エクセルの平均と標準偏差を求める方法

エクセルで、データのばらつきの大きさを求める場合、標準偏差を使います。

一般的に標準偏差を求める数式は難しいですが、エクセルでは簡単に求めることができますよ。

エクセルの平均と標準偏差を求める方法の詳細については、こちら≫【エクセル】平均と標準偏差で簡単に偏差値を算出!!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】平均と標準偏差で簡単に偏差値を算出!!今回は、エクセルの平均と標準偏差を使って偏差値を求める方法について解説します。標準偏差を手動で求めるのはとても複雑なため、エクセルの関数を使って簡単に算出する方法を紹介します。また、テスト結果を用いて偏差値を出し、実際の点数のとらえ方について記載しています。...

エクセルの平均と最大と最小の値をグラフにする方法

エクセルの表計算で求めた平均と最大と最小の値は、グラフに反映することができます。

基本をしっかり理解できれば簡単に設定することができるので、苦手意識を持たずに挑戦してみましょう。

エクセルの平均と最大と最小の値をグラフにする方法の詳細については、こちら≫【エクセル】平均と最大と最小の値を同時にグラフに表示してみよう!の記事を参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】平均と最大と最小の値を同時にグラフに表示してみよう!今回は、エクセルで平均、最大、最小の値を同時にグラフに表示する方法について解説します。エクセルでは平均、最大、最小の値を個別にグラフにすることができますが、単に3つの系列を並べて表示させるのではなく、高低線やマーカーを設定し見やすくする方法を解説します。...

エクセルの『平均』を柔軟に使ってみよう!

エクセルの『平均』と言っても、使い方や求め方は1つではありません。

1つよりも多くの『平均』の求め方を知っておくと、作業がスムーズになり時短ができ、さらには、作業の幅も広がりますね。

エクセルの『平均』は、最もよく使う計算の1つなので、基本をしっかりおさえて、さまざまな状況で柔軟に使えるようにしましょう。

エクセルで使用頻度の高い計算方法については、こちら≫【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!でくわしく解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。