関数

【エクセル】条件付きでデータの平均を求めてみよう!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで平均を出すのに、条件を指定することはできるのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルには平均と条件をまとめて設定できる関数があるよ。便利だから、これから解説するね。

今回は、エクセルの平均と条件をまとめて設定する方法について解説します。

エクセルで平均を求める場合は、AVERAGE関数を使うと便利でしたよね。

単純に『ここからここまでの平均を求めたい』ということがありますが、例えば、『0のデータを除く平均を出したい』とか『種類別に平均を出したい』というように、条件を指定することができたらもっと便利になります。

エクセルでは、平均と条件をまとめて設定できる関数があります。

IF関数とAVERAGE関数を個別に組合せる方法よりも簡単に設定できますよ。

エクセルで平均と条件をまとめて設定するには
  • AVERAGEIF関数を使う
  • AVERAGEIF関数の書式
    =AVERAGEIF(範囲,条件,[平均対象範囲])
    ※[平均対象範囲]を省略すると[範囲]で指定したセルが[平均対象範囲]となる

また、[平均対象範囲]を指定した場合と、省略した場合の使用例も紹介します。

エクセルの平均を求める基本と応用については、こちら≫エクセルの平均を求める方法は1つではない?基本から応用まで徹底解説!!で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
エクセルの平均を求める方法は1つではない?基本から応用まで徹底解説!!今回は、エクセルの平均について解説します。エクセルで平均を求めるには、ショートカットキーを使ったり、数式を入力したり、条件を指定して求めたりとさまざまです。エクセルの『平均』は最もよく使う計算の1つなので、基本をしっかり理解し柔軟に使えるようにしましょう。...

次項より、条件に合った平均の求め方ついて、詳しく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。