楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】フィルターで複数の条件から検索しよう!便利な詳細設定の使い方を解説

6 min 1,197 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのフィルターで複数の条件からデータを絞りこむにはどうしたらいいのかな?フィルターの詳細設定を使うみたいだけど、どうしていいのか分からない。。。

そうだね、フィルターの詳細設定を使うと便利だよ。これから2つの方法を詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルのフィルターで複数の条件からデータを抽出する方法について、解説します。

例えば、データ量と見出し項目が多い表から、ピンポイントで欲しい情報を抽出するのは、大変な作業ですよね。

そのような時には、フィルターで複数の条件を設定すると、効率的にデータの抽出ができます。

この記事を読むと、フィルターの詳細設定の使い方や複数の条件を設定する方法について、理解することができますよ。

【エクセル】フィルターで複数の条件を設定する2つの方法
  1. オートフィルターから、複数の条件を設定する
  2. フィルターの詳細設定から、複数の条件を指定する

PCサポート歴10年以上の私が、エクセルのフィルターで複数の条件からデータを検索する方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのフィルターの詳細設定を使うと、より範囲を絞ってデータを抽出することができます。

複数の条件を設定する方法には、使い慣れたオートフィルターを使用する方法と、フィルターの詳細設定から『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定する方法があります。

フィルターに複数の条件を設定して、効率的にデータを抽出しましょう。

エクセルのフィルター機能の基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】フィルター機能の設定と解除方法!範囲を指定してデータ抽出!初心者必見で詳しく解説しています。

こちらの記事は下記の動画でも解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルのオートフィルターから複数の条件を指定する

これから複数のフィルターをかけるデータベース
これから複数のフィルターをかけるデータベース

上記のデータベースを使って、オートフィルターから複数の条件を指定し、データを抽出してみましょう。

ここでは、下記の検索条件をオートフィルターに設定します。

①『商品名』に『飲料水』が含まれていて、②『単価』が『500』より大きいデータ

  1. STEP

    オートフィルター(フィルター機能)を設定する

    フィルター機能を設定する
    フィルター機能を設定する
    1. フィルターをかける見出しを範囲選択
    2. [データ]タブを選択
    3. [フィルター]を選択
  2. STEP

    1つ目の条件を設定

    1つ目のフィルターをかける列の『フィルターボタン』を選択
    1つ目のフィルターをかける列の『フィルターボタン』を選択
    1. 『商品名』の『フィルターボタン』を選択
    2. 『検索ボックス』に『飲料水』を入力
    3. [OK]を選択
    『商品名』の列にフィルターがかかっている
    『商品名』の列にフィルターがかかっている

    『商品名』に『飲料水』が含まれるものだけが表示されます。

    続けて、2つ目の条件を設定しましょう。

  3. STEP

    2つ目の条件を設定

    2つ目のフィルターをかける列の『フィルターボタン』を選択
    2つ目のフィルターをかける列の『フィルターボタン』を選択
    1. 『単価』の『フィルターボタン』を選択
    2. [数値フィルター]を選択
    3. [指定の値より大きい]を選択
    フィルターをかける『単価』の条件[500]を入力
    フィルターをかける『単価』の条件[500]を入力

    『カスタムオート フィルター』ダイアログボックスが表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

    1. 抽出条件の指定の『単価』に[500]を入力
    2. [OK]を選択
  4. STEP

    データの抽出結果

    複数の条件から2行分(2レコード)が抽出された
    複数の条件から2行分(2レコード)が抽出された

    指定した2つの条件に一致する、データを抽出することができましたね。

    このように、オートフィルターで複数の条件からデータを抽出することができます。

    オートフィルターの設定では、列ごとに検索条件を設定し、段階的にデータを絞って抽出します。

データ抽出後に、表を元の状態に戻す場合は、『3.フィルターの解除とクリア』を参考にしてね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

フィルターの詳細設定から複数の条件を指定する

フィルターの詳細設定は、『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定して、複数の条件から簡単にデータを抽出します。

フィルターの詳細設定を使った基本的な抽出方法

それでは、フィルターの詳細設定から複数の条件を指定し、データを抽出してみましょう。

設定する検索条件は、先程と同じです。

  1. STEP

    検索条件を入力する表を作成

    データベースの見出し行をコピーして別表を作成する
    データベースの見出し行をコピーして別表を作成する

    まず最初に、検索条件を入力する別表を作成するために、表の見出し行をコピーし、任意の場所に貼り付けます。

  2. STEP

    検索条件を入力

    検索条件を入力する
    検索条件を入力する
    1. セルG3に『飲料水』を入力
    2. セルI3に『>500』を入力
  3. STEP

    フィルターの詳細設定を選択

    フィルターの詳細設定を選択
    フィルターの詳細設定を選択
    1. セルA2を選択
    2. [データ]タブを選択
    3. 『並べ替えとフィルター』の[詳細設定]を選択
  4. STEP

    『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定

    『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定する
    『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定する

    『フィルター オプションの設定』が表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

    1. 『リスト範囲』:セルA2からセルD17を範囲選択
    2. 『検索条件範囲』:セルF2からセルI3を範囲選択
    3. [OK]を選択

    『フィルター オプションの設定』が表示された際、すでに範囲が指定されていても、一度削除してから、改めて範囲を指定しましょう。

  5. STEP

    データの抽出結果

    複数の条件から2行分(2レコード)が抽出された
    複数の条件から2行分(2レコード)が抽出された

    『検索条件範囲』で指定した、2つの条件に一致する、データを抽出することができましたね。

    このように、フィルターの詳細設定で複数の条件からデータを抽出することができます。

また、検索条件を毎回入力し直すのが手間という場合は、プルダウンで選択肢を表示し、フィルター項目として選択できる方法もあります。

プルダウンで選択肢を作成する方法については、こちら≫【エクセル】ドロップダウンリスト(プルダウン)を活用しよう!初心者でも簡単にマスターできる便利技!で詳しく解説しています。

複数の列に検索条件を同時に設定

フィルターの詳細設定から複数の条件を指定する方法は、オートフィルターから設定する方法と違って、複数の条件を2つ以上の列に同時に設定することができます。

ここでは、下記の検索条件をオートフィルターに設定します。

①『商品名』に『飲料水』が含まれていて、②『単価』が『500』より大きいデータ
  or(または)
③『商品名』に『食品』が含まれていて、④『評価』が『●』、⑤『単価』が『2600』より小さいデータ

検索条件を入力する
検索条件を入力する

検索条件を入力しましょう。

  1. セルG3に『飲料水』を入力
  2. セルI3に『>500』を入力
  3. セルG4に『食品』を入力
  4. セルH4に『●』を入力
  5. セルI4に『<2600』を入力
『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定する
『リスト範囲』と『検索条件範囲』を指定する

検索条件を入力したら、『リスト範囲』と『検索条件範囲』を同じように範囲指定します。

『フィルター オプションの設定』が表示された際、すでに範囲が指定されていても、一度入力値を削除してから、改めて範囲を指定しましょう。

複数の条件から4行分(4レコード)が抽出された
複数の条件から4行分(4レコード)が抽出された

5つの条件を『検索条件範囲』に設定し、データを抽出することができましたね。

このように、複数の条件を2つ以上の列に、同時に設定して、データを抽出することができます。

行を変えることで『or』の意味となり、同じ行で列を変えることで『and』の意味になります。

複数の列に条件を同時に設定するには、フィルターの詳細設定を使うと便利だね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

別シートに抽出結果を表示する

フィルターの詳細設定には、任意の別シートに抽出結果を表示する方法があります。

ここでは、『別シートに抽出』というシートを作成して、抽出先に指定します。

  1. STEP

    抽出先のシート選択

    抽出先となる別シートにて作業
    抽出先となる別シートにて作業
    1. シート名『別シートに抽出』を表示する
      (アクティブシートにする)
    2. セルA1を選択
      (抽出結果を表示する開始位置)
    3. [データ]タブを選択
    4. 『並べ替えとフィルター』の[詳細設定]を選択
  2. STEP

    『指定した範囲』を選択

    『指定した範囲』を選択
    『指定した範囲』を選択

    『フィルター オプションの設定』が表示されたら、下記の通りに設定しましょう。

    1. 『指定した範囲』を選択
    2. 『リスト範囲』にカーソルを置く
  3. STEP

    『リスト範囲』と『検索条件範囲』と『抽出範囲』を指定

    『リスト範囲』と『検索条件範囲』と『指定した範囲』を指定する
    『リスト範囲』と『検索条件範囲』と『指定した範囲』を指定する
    1. 『リスト範囲』:
      『フィルターの詳細設定』シートのセルA2からセルD17を範囲選択
    2. 『検索条件範囲』:
      『フィルターの詳細設定』シートのセルF2からセルI4を範囲選択
    3. 『抽出範囲』:
      『別シートに抽出』シートのセルA1を選択
      (抽出先となる開始位置を選択)
    4. [OK]を選択
  4. STEP

    別シートに抽出結果が表示される

    指定した別シートに抽出結果が表示される
    指定した別シートに抽出結果が表示される

    シート名『別シートに抽出』のセルAを起点として、抽出結果が表示されましたね。

    このように、別シートに抽出結果を表示することができます。

重複するデータを除いて抽出

フィルターの詳細設定は、重複チェックにも便利です。

  1. STEP

    重複チェックをしたい列を選択

    『リスト範囲』に重複チェックをする列を指定する
    『リスト範囲』に重複チェックをする列を指定する
    1. [データ]タブを選択
    2. 『並べ替えとフィルター』の[詳細設定]を選択
    3. 『リスト範囲』:セルB1からセルB16を範囲選択
    4. 『重複するレコードは無視する』にチェックを入れる
    5. [OK]を選択
  2. STEP

    重複データは非表示になる

    重複するデータを除いて抽出される
    重複するデータを除いて抽出される

    重複データを非表示にすることができましたね。

    このように、重複チェックにも活用することができます。

フィルターで使える比較演算子

『単価』が『500』より大きいデータを抽出する場合は、『>500』と入力しましたね。

『500』という値を例にして、比較演算子について、下記にまとめました。

演算子意味使用例説明
=等しい=500500と等しい
<>等しくない<>500500と等しくない
(500を除く全て)
>より大きい>500500より大きい
<より小さい<500500より小さい
>=以上>=500500以上
<=以下<=500500以下

比較演算子に慣れると、とても便利だから積極的に使ってみようね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

【エクセル複数条件】に関するQ&A

Q

エクセルのオートフィルターで条件を設定する方法を教えてください。

A

列見出しを範囲選択し、[データ]タブ-[フィルター]の順に選択して、列ごとに条件を設定します。詳細については、『オートフィルターから複数の条件を指定する』を参考にしてみてください。

Q

フィルターオプションの設定は、どこにありますか?

A

リボン表示の、[データ]タブ-『並べ替えとフィルター』の[詳細設定]選択すると表示されます。

Q

エクセルで複数条件に一致したデータを抽出する方法を教えてください。

A

複数の列に条件を同時に設定する場合は、フィルターの詳細設定を使用します。詳細については、『フィルターの詳細設定から複数の条件を指定する』を参考にしてみてください。

【エクセル】フィルターの複数条件で抽出作業を効率UP!

今回は、エクセルのフィルターで複数の条件からデータを抽出する方法について、解説しました。

フィルターで複数の条件を設定するには、2つの方法がありましたね。

複数の条件からデータを抽出することによって、表示候補を短時間で絞ることができます。

どちらの方法でもデータの抽出はできますが、複数の条件を2つ以上の列に同時に設定できるのは、フィルターの詳細設定からです。

使いやすさや、それぞれの特徴を活かして、2つの抽出方法を使い分けましょう。

また、検索条件には『=』『<>』『<=』など、演算子を使うことも可能です。

最初は、演算子に慣れないかもしれませんが、使えるようになると大変便利なので、積極的に使うことをおすすめします。

最後に、エクセルのフィルターで複数の条件を設定する2つの方法について、おさらいします。

おさらい
  1. オートフィルターから、複数の条件を設定する
  2. フィルターの詳細設定から、複数の条件を指定する

大量のデータから、ピンポイントで必要なデータを短時間で抽出したい場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エクセルのフィルター機能の基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】フィルター機能の設定と解除方法!範囲を指定してデータ抽出!初心者必見で詳しく解説しています。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事