使い方

【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技

『/』から始まるデータの入力

『/』から始まるデータも表示させてみましょう。

3ページの1ページ目3ページの1ページ目

↑3ページの1ページ目という意味で『1/3』と入力します。

日にちとなる日にちとなる

↑しかし表示されるのは『1月3日』になります。

先頭にシングルクォーテーション先頭にシングルクォーテーション

↑『シングルクォーテーション』をつけて『’1/3』と入力します。

表示完了表示完了

↑『1/3』と表示することができました。



シングルクォーテーション以外の表示方法

上記は、すべてシングルクォーテーションを付けることで解決できました。

ほかにも、表示形式の変更があります。

表示形式表示形式

↑表示形式を『文字列』に設定して『001』を入力します。

文字列文字列

↑『シングルクォーテーション』を付けていない状態でも、『001』で表示することができました。

表示形式は、セルの書式設定ダイアログボックスからも適用できます。

セルの書式設定を開くショートカットキー『Ctrl+1』についてはこちら≫【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示するを参考にされてみてください。

タイトル
「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示するエクセルを操作中に『セルの書式設定』のダイアログボックスを表示するショートカットキーは「Ctrl(コントロール)+1」になります。表示形式の変更であったり、配置や塗りつぶしなど、使用頻度の高い『セルの書式設定』は、ショートカットキーで覚えておくと大変便利です。時短にもつながりますので参考にしてください。...
1 2 3 4 5
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ