使い方

【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技

『001』の表示方法

0から始まる数字0から始まる数字

↑『001』をセルに入力します。

ただの『1』ただの『1』

↑確定を押すと『1』になります。

0の前にシングルクォーテーション0の前にシングルクォーテーション

↑『シングルクォーテーション』を付けて『’001』を入力してみましょう。

0から始まる数字の表示完了0から始まる数字の表示完了

↑『001』で入力できました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
左上の緑の三角は、『!▼』から『エラーを無視する』にすると消えるよ!
1 2 3 4 5
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ