ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】選択内容の追加または削除「Shift+F8」

タイトル

エクセルでコピーを貼り付ける際に、あちこちとバラバラの状態でペーストするときに、ぜひ使ってほしいショートカットキー【Shift+F8】を紹介します。

【Shift+F8】は選択できるセルを追加したり削除できます。

バラバラのセルを選択しいっぺんに貼り付けることも簡単です。

今回は、【Shift+F8】について解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+F8シフト + F8

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択内容の追加または削除するショートカットキーの手順

色付きデータ色付きデータ

↑表の色がついたセルにA1セルの『エクセルドクター』をコピーして貼り付けてみましょう。

コピーについてはこちら≫『Ctrl+C』を参考にしてみてくださいね。

A1セルをコピーA1セルをコピー

↑まず、A1セルをコピーしましょう。

シフトの場所シフトの場所

↑そして、ショートカットキー【Shift+F8】を押します。

「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

シフトとF8の場所シフトとF8の場所

↑「Shift」を押した状態のままで「F8」を押します。

「Shift」と「F8」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②F8の順番で押しましょう。

ステータスバーステータスバー

↑左下に『コピー先を選択し、Enterを押すか、貼り付けを選択します。』と表示されています。

これはコピーをしたときに表示されます。

コピーせずに【Shift+F8】をした場合は、左下に『選択内容の追加または削除』が表示されます。

今は【Shift+F8】がONの状態です。

色付きセルをクリック色付きセルをクリック

↑色がついた全てのセルをマウスでクリックします。

セルが選択されています。

間違った場合は、もう一度同じセルをクリックしましょう。

選択が解除されます。

では、貼り付けをしてみましょう。

貼り付けについてはこちら≫『Ctrl+V』を参考にしてみてくださいね。

貼り付け貼り付け

↑色付けのセル全てに貼り付けが出来ました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
今回はコピー&ペーストを使ってみたけど、いっぺんにDeleteなども出来るよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。