ショートカットキー

選択範囲を拡大「Shift+矢印キー」

エクセルで作業中のセルから、セルの選択を拡大することができます。

ショートカットキー【Shift+矢印キー】を押すだけの簡単操作です。

【Shift+↑】【Shift+↓】【Shift+←】【Shift+→】を使い、選択範囲をとってみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+矢印キーシフト + 矢印キー

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択範囲を拡大するショートカットキーの手順

『ぬ』からスタート『ぬ』からスタート

↑『ぬ』のセルを選択した『あいうえお順』のデータがあります。

こちらを使って解説します。

ではまず【↑(上)】から始めましょう。

ショートカットキー【Shift+↑】を押します。

シフトの場所シフトの場所

↑「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

上矢印キー上矢印キー

↑「Shift」を押した状態のままで矢印キー「↑」を押します。

「Shift」と「↑」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②↑の順番で押しましょう。

選択範囲が上に拡大選択範囲が上に拡大

↑『に』が選択範囲に入りました。

シフトと左矢印キーシフトと左矢印キー

次に【Shift+←(左)】を押します。

選択範囲が左に拡大選択範囲が左に拡大

↑『ひふ』も選択範囲に入りました。

シフトと下矢印キーシフトと下矢印キー

↑ここで【Shift+↓(下)】を押します。

選択範囲が下だけになる選択範囲が下だけになる

『にひ』が選択範囲から外れました。

シフトと右矢印キーシフトと右矢印キー

↑最後に【Shift+→(右)】を押します。

選択範囲が最初に戻る選択範囲が最初に戻る

↑選択範囲は『ぬ』だけに戻りました。

Shiftと矢印キーで選択範囲を拡大することも、小さくすることもとても簡単にできました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『Home』『End』『PgUp』『PgDown』も合わせて使うことが出来るよ!試してみてね!

ショートカットキーは、自分が良く使うものを覚えておくだけでも仕事効率がアップするので、ぜひ活用しましょう。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も参考にしてください。

役立つショートカットキーに出会えます!

タイトル
保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!エクセルのショートカットキーを一覧にしています。今回は覚えて便利な基本のショートカットキー一覧を紹介します。使用頻度の高いコピー&ペーストや切り取り、セルの書式設定ダイアログボックスを表示するショートカットキーなどから、あまり知られていないショートカットキーまで。ショートカットキーを使いエクセル作業の効率アップを目指しましょう。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。