ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】選択範囲が約1画面分上にスクロールする「Shift+PageUp」「Shift+PageDown」

タイトル

エクセルのセルを約1画面分、上下にスクロールして選択範囲をとることができます。

ショートカットキー【Shift+PageUp】と【Shift+PageDown】になります。

【Shift+PageUp】と【Shift+PageDown】を使って、約1画面分を選択してみましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+PageUpシフト + ページアップ
Shift+PageDownシフト + ページダウン

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

選択範囲が約1画面分上下にスクロールするショートカットキーの手順

上に約1画面分スクロール【Shift+PageUp】

データを準備するデータを準備する

↑見やすいようにフォントサイズを拡大した『1』から『25』までの数字を縦に入力しています。

このデータを使い解説します。

14を選択しよう14を選択しよう

↑『14』が入力されたセルを選択します。

ショートカットキー【Shift+PageUp】を押して選択範囲を約1画面分上にスクロールしてみましょう。

シフトの場所シフトの場所

↑「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

シフトとページアップの場所シフトとページアップの場所

↑「Shift」を押した状態のままで「PageUp」を押します。

「Shift」と「PageUp」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②PageUpの順番で押しましょう。

選択範囲は8まで選択範囲は8まで

↑『8』までが選択範囲に入りました。

選択範囲の確認選択範囲の確認

↑確認しましょう。

『14』から『8』まで約1画面分上にスクロールして選択範囲がとれています。

下に約1画面分スクロール【Shift+PageDown】

8を選択しよう8を選択しよう

↑『8』が入力されたセルを選択します。

【Shift+PageDown】を使ってみましょう。

シフトとページダウンの場所シフトとページダウンの場所

↑「Shift」と「PageDown」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②PageDownの順番で押しましょう。

選択範囲は16まで選択範囲は16まで

↑『16』までが選択範囲になりました。

選択範囲の確認選択範囲の確認

↑確認してみましょう。

『8』から『16』まで約1画面分下にスクロールして選択範囲になっています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
約1画面分なので、おおよそのサイズで範囲をとるって覚えてね!ぜひ使ってみてね。
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。