ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】ファイルやフォルダなどを閉じる「Ctrl+W」

タイトル

エクセルでファイルやフォルダをすぐに閉じる時は『Ctrl+W』のショートカットがおすすめです。

Ctrl(コントロール)とW(ダブル)を押すだけで、エクセルのファイルなども簡単に閉じれます。

作業中であれば「保存するかどうか」も聞かれるので安心です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Wコントロール + ダブル

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルファイルなどを閉じるショートカットキーの手順

閉じたいデータ閉じたいデータ

↑閉じたいエクセルのデータがあります。

コントロールとダブルコントロールとダブルの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「W」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Wの順番で押しましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

「Ctrl+W」で、簡単にエクセルのデータを閉じることができました。

保存のダイアログボックス保存のダイアログボックス

↑作業中のデータの場合は、保存するかどうかのダイアログボックスが出てきます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
ブラウザやWordなど、エクセル以外にもCtrl+Wは使うことができるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。