ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】拡大・縮小する「Ctrl+マウスホイール」

タイトル

エクセル作業中に、全体の雰囲気を確認する場合、縮小にすると見やすいですね。

縮小や拡大は、右下の『ズーム』から表示サイズの変更ができます。

ショートカットキーは【Ctrl+マウスホイール】です。

拡大や縮小ができるショートカットキーを紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+マウスホイールコントロール + マウスホイール

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

拡大や縮小をするショートカットキーの手順

下が見えないカレンダー下が見えないカレンダー

↑カレンダーを表示しています。

29日以降が見えないですね。

マウスホイールを手前に回し下の部分が見えるようになったマウスホイールを手前に回し下の部分が見えるようになった

↑マウスホイールをくるっと手前に回すと下まで見れます。

しかし、全体を見ながら作業したい場合などは、縮小すると見やすいです。

縮小は【Ctrl+マウスホイール】で簡単に操作できます。

マウスホイール手前マウスホイール手前

↑マウスホイール(中央の赤い部分)は手前に回します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

「Ctrl」を押した状態のままで「マウスホイール」を手前に回します。

マウスホイール奥側マウスホイール奥側

↑逆に「Ctrl」を押した状態のまま「マウスホイール」を奥側に回すと拡大されます。

縮小され全体が見れる状態縮小され全体が見れる状態

↑右下のズームと同じ機能になります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
全体のバランスを見ると、表作成もしやすいね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。