ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】IMEオプションを表示する「Ctrl+変換」

タイトル

エクセルでデータ入力中に、読めない漢字が出てきた場合に「IMEパッド」を使用します。

または、よく使う言葉は「単語の登録」をしますね。

そのような便利機能を使う時に、IMEオプションを開き、素早く作業が出来たら時短にもつながりますよ。

今回は、IMEオプションを表示する【Ctrl+変換】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+変換コントロール + へんかん

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

IMEオプションを表示するショートカットキーの手順

便利なIMEパッド便利なIMEパッド

↑わからない漢字をIMEパッドで書くと、漢字を探せるのでとても便利ですね。

単語の登録単語の登録

↑また、使用頻度の高い単語を登録しておくと入力ミスの回避、時短になります。

便利なIMEオプションを表示するには【Ctrl+変換】と簡単です。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールと変換コントロールと変換の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「変換」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②「変換」の順番で押しましょう。

IMEオプションを表示IMEオプションを表示

↑IMEオプションを表示することが出来ました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
入力モード入力モード

入力モードの『あ』や『A』を右クリックしてもIMEオプションを表示させることができるよ!

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。