ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】名前の管理ダイアログボックスを表示「Ctrl+F3」

タイトル

エクセルでは、セル範囲に名前を定義することで、関数などにも使うことができ、大変便利な機能になります。

その『名前の管理』を設定するダイアログボックスを簡単に表示するショートカットキー【Ctrl(コントロール)+F3】を紹介します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+F3コントロール + F3

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

名前の管理ダイアログボックスを表示するショートカットキーの手順

使用中のエクセル使用中のエクセル

↑『4月フルーツ売上表』を開いた状態です。

ここでのエクセルは、使用するシートを開くだけで良いです。

名前の管理ダイアログボックスを表示する【Ctrl+F3】のショートカットキーを押してみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押します。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとF3コントロールとF3の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「F3」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②F3の順番で押しましょう。

名前の管理ダイアログボックス名前の管理ダイアログボックス

↑名前の管理ダイアログボックスが表示されました。

ここから、新規の作成も行えます。

不要な名前の定義の削除も簡単に操作できます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
名前の定義は、効率よく作業できる機能なのでぜひ使ってみてね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。