ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】リボンを表示や非表示にする「Ctrl+F1」

タイトル

エクセルで画面いっぱいに表示したい時はありませんか?

リボンを非表示にすると画面が広がり、見やすくなります。

リボンの表示や非表示のショートカットキー「Ctrl(コントロール)+F1」を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+F1コントロール + F1

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

リボンを表示や非表示にするショートカットキーの手順

今月の店休日今月の店休日

↑「今月の店休日」があります。

実はこのシートは、まだ下に続いています。

リボンが非表示の場合リボンが非表示の場合

↑リボンが非表示だった場合、隠れていた下の2行も見えてきます。

リボンを簡単に表示や非表示に切り替えるショートカットキー「Ctrl+F1」を使ってみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとF1コントロールとF1の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「F1」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②F1の順番で押しましょう。

リボンが非表示の場合リボンが非表示

↑リボンにが非表示になりました。

下の2行も見える状態になりました。

リボンを表示リボンを表示

↑同じ操作をするとリボンが表示されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
リボンが非表示でもタブをクリックするとリボンが表示されるので作業はできるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。