ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】全部のセルを選択する「Ctrl+A」

タイトル

全部のセルを一括で選択することができるショートカットキー「Ctrl+A」を紹介します。

操作はとても簡単です。

Ctrl(コントロール)を押しながらA(エー)を押すことで全部のセルを選択できます。

例えば、とても大量の文書をマウスを使い最初の文字から最後の文字までドラッグ選択する必要はありません。

「Ctrl+A」を押すだけで全てが選択されるので、とても時短になります。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Aコントロール + エー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

全部のセルを選択するショートカットキーの手順

全てを選択するA1を選択する

↑上の資料「今月の店休日」を全てのセルを選択してみましょう。

カーソルは、どこに置いても大丈夫です。

今回はA1を選択しています。

コントロールの場所コントロールの場所の説明

 

↑まず「Ctrl」を押します。

「Ctrl」はサイドにあるので使いやすい方を押してください。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールエーの場所コントロールとエーの場所

↑「Ctrl」を押した状態のまま「A」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Aの順番で押しましょう。

選択された範囲の色選択された範囲の色が変わる

↑すべてのセルが選択され、色が変わりました。

これだけで、どんなに大量の文字数であっても全部を選択することが出来ます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
「Ctrl+A」の「A」は「All(オール)全て」と覚えると忘れないよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。