ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】入力確定後の文字を再度変換できる「変換」

タイトル

スペースキーの右に位置する【変換】について解説します。

【変換】は、入力確定した文字を再度、変換しなおすことが出来る機能です。

確定してしまった後に、間違っている変換を消さずにすむので便利ですね。

変換ミスをしたときは、【変換】キーに助けてもらいましょう。

◇記事内のショートカットキー◇

変換へんかん

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

入力確定後の文字を再度変換するショートカットキーの手順

社員名簿を作成します。

砂糖を変換しよう砂糖を変換しよう

↑『001のさとうさん』が、『砂糖』になっています。

『佐藤』に変換しなおします。

砂糖を選択砂糖を選択

↑B3セルをダブルクリックし、編集モードにして『砂糖』を選択します。

変換の場所変換の場所

↑【変換】を押します。

変換しなおすことが出来る変換しなおすことが出来る

↑『砂糖』を変換することが出来ます。

この【変換】キーを使うことで、再度、文字を入力しなくてすみますね。

入力中に文字の変換が間違っていたことに気づいた時も【変換】で変換しなおすことが出来ます。

那須さんを入力那須さんを入力

↑『002のなすさん』を入力します。

那須さんです。

変換の場所変換の場所

↑『那須』を『茄子』で入力してしまいました。

編集中なので【変換】を押してみましょう。

変換ミスに気づいたら・・・変換ミスに気づいたら・・・

↑『茄子』の変換が再度、可能になりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
変換ミスも、入力しなおさずにすむから時短につながるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。