ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】スタイルを表示する「Shift+Alt+’」

タイトル

エクセルの『スタイル』ダイアログボックスを表示するショートカットキー【Shift+Alt+’(アポストロフィ)】を紹介します。

【Shift+Alt+’】で表示するスタイルとは、表示形式のオリジナルを作成することができます。

もともとは、標準のスタイルが反映されています。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+Alt+’シフト + オルト + アポストロフィ

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

スタイルを表示するショートカットキーの手順

フルーツ仕入表フルーツ仕入表

↑月別でシートに仕入表が入ったデータを使います。

セルを選択セルを選択

↑C3のセルを選択し【Shift+Alt+’】を押します。

シフトとオルトの場所シフトとオルトの場所

↑【Shift】と【Alt】はキーボードの左右にあります。

使いやすい方を押してください。

今回は左の【Shift】と【Alt】で解説します。

シフトとオルトとアポストロフィの場所シフトとオルトとアポストロフィの場所

↑【Shift】と【Alt】を押した状態のままで【’(アポストロフィ)】を押します。

【’(アポストロフィ)】は【7】にあります。

【Shift】と【Alt】と【’(アポストロフィ)】は同時には押せません。

①【Shift】を押したまま→②【Alt】を押したまま→③【’(アポストロフィ)】の順番で押しましょう。

スタイルのダイアログボックススタイルのダイアログボックス

↑スタイルのダイアログボックスが表示されました。

現在の表示形式が確認できます。

書式設定を押してみましょう。

書式設定を変更書式設定を変更

↑『通貨』から『標準』に変え、書式設定とスタイルをOKを押します。

標準になっている標準になっている

↑単価や仕入金額の『通貨表記¥』が『標準』になっています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
他に月のシートも『¥』が消えて、標準になっているよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。